当ブログコンテンツの無断転用はご遠慮ください
このエントリーをはてなブックマークに追加        
  • 2006年12月06日15:26

K-1 World GP 2006


どうも。仕事の空き時間を見つけて、ブログを書き始める男、Kです。

今日は朝からちょっとした会議で、軽くグロッキーです。


では、4日遅れのK−1感想などをつらつらと。


みんなも同じことを思っただろうけど、全体的にいい大会だったね。

サップ旋風で大いに沸いた2002年以来、K−1は盛り上がりに
欠ける大会が多かったけど、今回は久々に良かったなあ。

まあ、02年までの熱気にはまだまだ程遠いのは確かだけど…。


さて

今回の主役は間違いなくアーツである。

彼が最初に登場したのは、第1試合のリザーブマッチ。
武蔵を一方的にボコボコにしたわけだが、これが良かった。

やはり第1試合は大事だ。その日の空気を大きく左右する重要な
試合なのである。それが1ラウンドKOとは上々の滑り出しだ。


ただ、この試合、1度目のダウンのシーンは不可解。

武蔵は確かにカウント8〜9あたりで立ち上がった。
だが、なぜあれでカウントが止まるのか。武蔵は立ち上がっただけで、
ファイティングポーズもとっていないし、試合続行の意思が見える
アクションもとっていない。

あの場合はカウントを続けるべきだろう。そして確実にKOだろう。


例えば、この日セフォーと戦ったマヌーフは、カウント9あたりで
立ち上がったが、カウントを続行されてKO負けとなった。

これが本来のジャッジである。武蔵のパターンは明らかにおかしい。

いい加減、こういう不可解なジャッジはやめて欲しいものだ。


ということはあったものの、アーツは直後に2度目のダウンを奪い
見事にKOでリザーバーの座を奪い取った。


会場がざわめいた。 「アーツ強い」「今日は絶好調だ」と。


その後トーナメントが始まり、バンナ、ハリッド、カラエフ、レコが
ベスト8で姿を消した。シュルトは憎らしいほどの強さと作戦を用い、
会場の声援を一身に受けていたバンナを葬った。

「シュルト=絶対王者=憎らしい」 の図式が改めて固められる。


また、ボンヤスキーとレコの試合中に、レミーが2度金的攻撃を
受けるというアクシデントが発生。レミーはなんとか起死回生の
判定勝利を手にするも、どうやら準決勝以降の試合は難しそう。


ここで会場が再びざわめく。「アーツだ」「アーツの出番だ」と。


そして角田が登場。レミーが続行不可能であることと、レコにも
負傷が認められたことを告げる。そしてリザーバーであるアーツの
準決勝進出を発表した。

これは大いに沸いた。待ってましたの大歓声。


レコ? いつ怪我したの? まあいいや、空気読んでんじゃん(笑)。


そして、準決勝。

シュルトは再び絶対的なリーチを生かした戦法で、ホーストを
寄せ付けず完勝。そしてホーストはこの試合で引退。


「シュルト=絶対王者=憎らしい」 の図式に

「ホーストのカタキ」のようなイメージまで加わる。完全な敵役。


また、アーツは優勝候補のグラウベをKO。いよいよ期待が膨らむ。

ところで、グラウベのブラジリアンキックは凄いねえ。
あんなに命中率の高いキックもなかなかない。

ミドルのアクションから頭部に飛んでくるあのキックは、
軌道が特殊なことで有名な技だが、相手にとっては
相当判断しづらい軌道なんだろう。恐るべし。

ただ、そのグラウベをあっさりと葬ったアーツはもっと恐るべし。


武蔵戦、グラウベ戦とパンチでKO。見事である。
空手家を2人倒して決勝進出。そして決勝も空手家のシュルト。

そのシュルトもキックボクサーのバンナ、ホーストを降して
決勝進出。決勝はキックボクサーのアーツ。


なかなか面白い因縁が絡みながら、ファイナルが始まった。


アーツは必死に戦った。

顔面に何発もパンチをヒットさせた。

ちなみにわしは、ボディへのストレートに期待していた。

シュルトがボディに弱いかどうかは知らないが、アーツのブローは
かなり強力な殺人兵器だということをご存知か?

アーツといえば「魔性のハイキック」が有名だが、実はボディへの
右ストレートでも彼は多くの選手を粉砕している。

ベルナルドもバンナもこれにやられた。


シュルトがいくらデカくても、ボディにストレートをぶち込む
ことはできたと思うのだ。

シュルトの前蹴りでなかなか中に入れないのは確かなのだが…。


そうこうしている間に、シュルトはアーツからダウンを奪った。

必死に攻めたアーツのポイントを全て無にしてしまう残酷なダウン。



勝ったのは空手家だった。


アーツの果敢なファイトは感動的だったが、いかんせんダウンを
喫してはさすがに判定では勝てない。

勝ち名乗りを受けたのは、シュルトだった。


シュルトは自分のサイズを生かした効果的な作戦で、
危なげなく王座に就いた。相手は射程距離に入れなかった。

「面白くない」と批判を浴びるファイトスタイルだが、
そもそも面白くなくなったのはルールのせいである。

首相撲からの膝があれば、彼はKOの山を築いていけるのだ。
昨年の決勝ラウンドも準決勝、決勝共に豪快なKO劇だったじゃないか。


実はこの日、ホーストもハリッド戦で相手を抱え込んでの膝を
何度も出していたが、彼には注意は出なかった。

首相撲からの膝禁止=シュルト潰し  と言われる所以である。


「寝転がって戦えない以上、もうシュルトには誰も勝てない」
と、危機が叫ばれているが、わしはこれでいいと思う。


良くも悪くも、彼は絶対王者として全員の敵になった。

しかも憎らしいほどに効果的な戦術を用いる、絶対王者。


いいじゃないか。


来年からのテーマは「ストップ・ザ・シュルト」でいいじゃないか。


シュルトを「共通の敵」と捉えてファンが盛り上がるなら
それでいいじゃないか。熱い空気ができそうじゃないか。


願わくば、来年の東京ドームまで、彼には圧倒的に勝ってほしい。


そして「誰かシュルトを倒してくれ!」と叫ぶ東京ドームとなれば。

かつての熱いK−1が戻ってくるかもしれない。



※もうひとつ思うことがあったが、それは次の機会に



このエントリーをはてなブックマークに追加        






トラックバックURL

K-1 World GP 2006 へのトラックバック

まだトラックバックはありません。トラックバックはこちらから

K-1 World GP 2006 へのコメント一覧

  1. 1.
    • 年生
    • 2006年12月06日 17:31
    マイク・ベルナルド好きです!
    レミー残念だった…
  2. 2.
    • カンノ
    • 2006年12月06日 18:01
    シュルト強いっすねー!!しばらくは負けないんじゃないでしょうかね。ホーストも引退か。なんか一つの時代が終わった気がします。

    日本の唇君にも頑張ってほしいけど、過剰な期待でしょうか?何年か前のGP準優勝を見てるだけについつい期待しちゃう・・・
  3. 3.
    • レミーボンヤスキー
    • 2006年12月06日 18:18
    • 5
    キンテキ ハ ハンソクデース
  4. 4.
    • りょうちん
    • 2006年12月06日 21:10
    • 5
    ヘビー級に日本人が武蔵しかいないから、ジャッチが武蔵よりになるのはしょうがないっすよ。K-1など他の団体のイベントでも八百長まではいかないまでも、それに近いことは行われているんですから!
  5. 5.
    • 編集者・K
    • 2006年12月06日 21:37
    日本人だからっていう「地元判定」のことを加味しても、
    ちょっと有り得ない判定が最近多すぎるのよ。

    魔裟斗なんて、自分に有利な判定でドローになった時
    逆に不服そうにしてたぐらいだから(笑)。

    また、判定というのは、見る人の感性に委ねられる部分が
    大きいから何とでも言えるけど、カウントを止めるというのは
    もう言い逃れできないでしょう。これは絶対ダメですわ
  6. 6.
    • りょうちん
    • 2006年12月06日 22:49
    • 5
    たしかにカウントとめるのはありえないですね。まぁ逆に武蔵がかわいそうな気も最近します。
  7. 7.
    • パラジウム
    • 2006年12月06日 23:07
    レミーが強い
  8. 8.
    • オーラ
    • 2006年12月06日 23:58
    ダウンのときのカウントは微妙ですよね。そこは別に日本人びいきとか関係ないと思います。オレが思うのは、レフリーの私情が入っちゃってんじゃないかなって思う。
    今回の武蔵の場合は最初のダウンで試合が終わるのが妥当だと思う。ボクシングだったら完璧に止まってたんじゃねーかな?
    それにしてもシュルトは強いっす!シュルトは自分の利点を有効に使える戦い方を身につけちゃったから当分負けない雰囲気プンプンですね!
  9. 9.
    • ふー。
    • 2006年12月07日 03:10
    つーかホンマンなら普通に勝つ可能性あるだろ…
  10. 10.
    • レミーボンヤスキー
    • 2006年12月07日 08:05
    • 5
    ファールカップ導入したいデース 1Rのキンテキ後CMになってる最中吐いたってうわさだけど誰か知ってますか?
  11. 11.
    • 生観戦者
    • 2006年12月07日 09:17
    吐きそうにはしてたがリングでは吐いてない。
  12. 12.
    • 生観戦者
    • 2006年12月07日 09:18
    ファウルカップは大昔から実施済み
  13. 13.
    • テレビ観戦者
    • 2006年12月07日 10:35
    控え室で吐いたって言ってた。
  14. 14.
    • 春二番
    • 2006年12月07日 16:02
    シュルト包囲網か・・・。
    面白そう!!!

    やっぱ一番手イグナショフですか!?
    昔みたいな盛り上がりが戻ってくるといいんですけどねぇ!!!

    武蔵は今年全敗か・・・。
  15. 15.
    • 新人
    • 2006年12月07日 16:40
    • 5
    シュルトは悪役になっちゃいましたね。プライドのときはたいして目立たなかったけど...ルールはかわってもK-1は彼にあってますよね。もう一度Kのリングでミルコが見てみたいなぁ。パンチも覚えて今立ち技最強じゃないですかね!?実際試合やらないんでどうでも言えますが。僕はミルコの大ファンなんで。。軽く期待してみたり
  16. 16.
    • ジャスティス
    • 2006年12月07日 16:40
    • 1
    何でもいいから早くスラムダンク書けよ
  17. 17.
    • ジャスティス
    • 2006年12月07日 17:16
    • 1
    頼むから早くスラムダンクを書けよ。こんなこと言いたくないが、ぶっちゃけアンタのスラムダンクのファンなんだよ。待ち通しくて死にそうだ早くしろ
  18. 18.
    • レミーボンヤスキー
    • 2006年12月07日 18:39
    • 5
    ファールカップ導入してて痛いのか ということはファールカップを鉄くらいにしないとだめね笑っ
  19. 19.
    • 生観戦者
    • 2006年12月07日 19:48
    • 5
    ファウルカップしてても痛いもんは痛い。野球のキャッチャーだって痛い(>_<)
  20. 20.
    このコメントは削除されました
  21. 21.
    • きーっ!
    • 2006年12月09日 03:04
    だからホンマンなら勝てるって言ってんだろが
  22. 22.
    • 2006年12月09日 08:22
    ホンマンってスタミナ、スピードないよね!でもタフさやパワーはあるようだけど。でもまだ勝てないよ。。。
  23. 23.
    • レミーボンヤスキー
    • 2006年12月09日 08:22
    角田管長VS曙 の試合がまたみたいとひそかに思ってます笑
  24. 24.
    • はーっ。
    • 2006年12月09日 12:59
    まだって、ついこの前勝ってたやろが
  25. 25.
    • うーた
    • 2006年12月09日 13:30
    ↓あんたウザすぎる。
  26. 26.
    • 通りすがり
    • 2006年12月09日 14:24
    まあホンマンがシュルトに勝ったのは事実だからなあ。(疑惑の判定だけど)。

  27. 27.
    • 土肥
    • 2006年12月10日 02:34
    ホンマンの方がのびしろあるしね。




コメントする(このブログのコメントをRSSフィードで購読することができます)

K-1 World GP 2006 にコメントする
絵文字
K-twitter K-facebook
Twitterボタン [henshusya_k]
編集者・Kのtwitterアカウントです。皆様お気軽にフォローしてくださいませ。
facebookボタン [k.no.heya]
Kの部屋のFacebookページです。皆様お気軽に「いいね!」してくださいませ。
LINE読者登録
小説、始めました!
新たなチャレンジ、動いております!
是非ご覧ください!( 執筆の経緯はコチラ)


月別アーカイブ
カテゴリー
最新コメント
PROFILE
編集者・K / 編集者・K
雑誌・WEB編集の仕事をしているKと申します。「スポーツ」「TVゲーム」「少年漫画」「お笑い番組」「マカロニグラタン」をこよなく愛するオジサンです
  編集者・Kにメッセージ>>>>>Mail to K
  編集者・Kとtwitter>>>>>>>henshusya_k
  編集者・Kとfacebook>>>>>>Kの部屋
ACCESS
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

スポンサードリンク

トップに戻る