当ブログコンテンツの無断転用はご遠慮ください
このエントリーをはてなブックマークに追加        
  • 2012年12月25日02:43

息子物語/バスケットマンへの道(8)

はい。こんばんは。

今日はクリスマスイブということでしてね。

朝10時ごろノソッと起きまして、娘と息子が部屋の大掃除
(まあ、ただの片付けですが)をしている間に、わしはひとり
ウイイレなんぞを楽しみまして、案の定、ガチ大掃除中の奥様に
「何か手伝いなさい」と怒られまして、若干凹み気味のなか、
家族でショッピングセンターへ行きましたとさ。

で、ショッピングセンターでは、チキンやらローストビーフやら
いろいろ買い込みまして、夜に備えましたとさ。
ちなみに、サンドイッチとケーキは、完成品を買うのではなく、
子供と一緒にで作るということで材料だけ買っておりましたとさ。

え? いや、わしは作る気ございませんよ、ええまあ。
こういうのはほら、母と子供で頑張っていただくということで。

とまあ、そんなことはどうでもよくてですね(どないやねん)、



13時からはミニバスのクリスマス会ということで、
家族4人で小学校の体育館へ行きました。


わしはコーチ見習い中なので、保護者サイドではなく、
コーチ陣営に入っての参加でして、毎年恒例(らしい)の
フリースロー大会では1・2年の部のレフェリーを担当しました。

1・2年の部ということは、そう、息子が出場するクラスであります
(1・2年は、フリースローっていうか、ゴール下大会だったけど)。

まずは3本放って1本入れば2回戦進出。

次は2本放って1本入れれば3回戦へ。

ドンドン選手たちが“ふるい”にかけられていき、
この時点で15名くらいいたのが一気に5名に絞られます。


息子はまだ残っていました。


ここからはサドンデスとなります。みんなで1本ずつ撃ち、
決めたら生き残り、外したら脱落。技術とハートが試される
一発勝負であります。

しかし、息子は外しません。正面からバンクショットで
バッスバス決めていきます。みんなが外していくなか、
なんとなんと、残り2人にまで残ってしまいました。


迎えた、ザ・ファイナル。
最後の相手も1年生の男の子です。

実はこの子、ウチのミニバスクラブではちょっとした存在の子。
1年生ながら、2・3年の子と同じくらい、いや場合によっちゃ
2・3年生より上手いという怪物君。

以前息子がフリースロー大会で準優勝した際に、王座に就いたのも
やはりこの子でした(コチラご参照ということで)。


息子とはいつも仲良くしてくれていて、わしら親子の週末恒例の
校庭バスケの際もよく遊びに来るので、よく一緒にバスケしてます。
息子と同じ頃にミニバスをはじめ、息子と同じ1年生で、
父親同士も仲良くさせていただいており、言ってみれば息子の
一番のチームメイトともいえる子です(実力は全然違うけど)。

父親同士で呑んだ際は、よく「5年後、ふたりが6年生になったとき、
全国に行きましょう」なんて言ったりしていたり。

その1年生同士の2人が、あの夏のフリースロー大会から半年、
再び激突です(あの時とは違って今回はクラブ内の大会だけどさ)。


2年生を打ち負かしてファイナルに進んだ2人。

ここから歴史に残るサドンデスが繰り広げられます。

2人とも全然外さないのです。逆に片方が外すとなぜかもう片方も
外してしまいます。終わりません。1年生2人の小さな死闘です。
2人で8本くらいずつ撃ったんじゃないでしょうか。

半年前はあっさり負けました。が、今回は喰らいついています。
全く外さない最強の相手を前に、息子も外さずついていきます。

レフェリーをしながら、わしは少々興奮していました。

息子はわしがいつも教えている通り、ゴール下はバンクショットで
撃っていたのです。そして、わしが教えたとおり、ワンハンドで
撃っていたのです。そして、外さないのです。

※相手の子も勿論ワンハンドです。本当に上手い子なので


いよいよサドンデスが二桁週に入ろうかというとき、ついに決着。

息子は負けてしまいました。

惜しくも準優勝でした。


しかし、よくやりました。ホントによくやったと思います。

わしは毎週末の校庭バスケで、まずはレイアップを叩き込み、
最近はゴール下シュートを教えていました。本当にずーっと
ゴール下シュートばかりやらせていました。ちゃんとワンハンドで
(まあちょっと経ったらまたフォーム変わると思うけどさ)。

※レイアップからゴール下か。そういや、別に意識したわけじゃ
なかったんだけど、桜木花道が覚えていった順番と同じだ…!!

ちょっと前まで両手じゃないと全然届かなかったのに、
いまではワンハンドでちゃんと狙ったところに撃てるように
なっていたのです。教えたとおりのバンクショットで。
二桁近く連続で決めたのですから、これは実力でしょう。

とりあえず現段階では十分だと思いました。

息子は一丁前に悔しがっていましたが(いや、いいことだけど)、
全然入らなかったのに準優勝した半年前と、ほとんど外さないという
激闘の末の今回の準優勝では意味が随分違うと思います。

シュートが入るのがマグレじゃなくなってます。結構デカイです。

おう。ちゃんと成長しとるぞ、息子よ。
次はドリブル1対1のスキルアップだぞ。


いやあ、成長度合いがよく分かる、なかなかいい大会だった。

まだまだ頑張ろうぜ、息子よ!

I love basketball!!



さあ、というわけで、明石家サンタ見つつ、
父親・Kとしては、あと一仕事残っているので、
このへんで。

ではでは。


次へ


このエントリーをはてなブックマークに追加        






息子物語/バスケットマンへの道(8) へのコメント一覧

  1. 1.
    • おはぎちゃん
    • 2012年12月25日 02:56
    • 5
    スラダンの続き…は興奮しましたが、こちらの息子さんの勝負も中々興奮しましたね😄
    それにしても、半年で凄い成長ぶりですね。スラダン同様続きが気になります‼
  2. 2.
    • クリスマス?もちろん仕事
    • 2012年12月25日 03:10
    編集者K→父親K→Kンタですね!メリークリスマス♫
  3. 3.
    • 同級生
    • 2012年12月25日 05:32
    いつもいつも楽しいお話をありがとう。メリークリスマス♪
  4. 4.
    • やま
    • 2012年12月25日 08:14
    • 5
    息子君すげーすね!
    近くに自分よりちょっと上手い人がいると、実力引き上げられるし、親も理解があるし最高の環境すね!
  5. 5.
    • 2012年12月25日 11:43
    娘『さっ・・・・最近出番がない・・・』


    いつも楽しく読ませてもらってます!メリークリスマス&よい年末をお過ごしください(*´ω`*)
  6. 6.
    • ぷー
    • 2012年12月25日 13:54
    • 5
    2人の関係素敵です!
    未来のスターのサインをぜひ書いてください!!10年後にはプレミアが\(^^)/
  7. 7.
    • 2012年12月25日 15:09
    ミニバスはオールコートが主体みたいなので、オールコートの1on1のスキルは必須ですね
  8. 8.
    • 埼玉県民
    • 2012年12月25日 19:20
    • 5
    Kさんのお子さん、見ていないのに表情が浮かぶような…。
    きっとバスケが楽しくて仕方ないんでしょうね♪
    スラダン…の方にもコメントしましたが、やはりこのサイドストーリーも好きなのでこちらにもコメントさせていただきました。

    風邪など引かぬよう、良いクリスマスをお過ごしください(^^)

    さて、赤いおじさんに変装して家に入らねば…(笑)
  9. 9.
    • 麒麟児
    • 2012年12月25日 22:20

    いいですね
    そういう親バカトーク!!
    ほほえましい(^^)
  10. 10.
    • 2012年12月25日 22:43
    バスケは親とかコーチの権力争いが醜いとこだったからそれがいやだったなあ。バスケはおもしろかったんやけどね
  11. 11.
    • 大ちゃん
    • 2012年12月26日 00:09
    • 5
    最近読ませていただいていますが本当に更新を楽しみにしています☆メリークリスマス☆
  12. 12.
    • バスケ好きのデブ
    • 2012年12月26日 08:25
    同級生の親と「全国行きましょう」って会話、楽しそうでいいなぁ〜と思いました!
  13. 13.
    • ぽよん
    • 2012年12月26日 12:03
    後の桜木花道と流川楓であったとさ。

    だがKさんはどうしても沢北親父で再生される。。。
  14. 14.
    • グリフィン
    • 2012年12月26日 12:11
    息子さんの成長すっげー楽しみです!
    相棒的なチームメイト大事っすね(笑)
  15. 15.
    • 埼玉の白髪鬼
    • 2012年12月26日 14:07
    縄跳びさせよう
  16. 16.
    • ごうだ
    • 2012年12月26日 23:28
    • 5
    KさんJr.きっとすごいバスケットマンになると思う。私もミニバスのコーチをしてますが、6年生でも未だにリング下、レイアップ、フリースローもまともに入らない子が大半です。バスケは身長や身体能力があるのが一番だと思いますが、シュート力があるというのは、一番コーチとして信頼できますよ
  17. 17.
    • たす
    • 2012年12月27日 19:17
    • 5
    すごい良い記事ですね。こころあったまります(^ω^)
  18. 18.
    • ジョリ男
    • 2012年12月28日 00:00
    羨ましいなぁ
    これから県大会やら全国大会を目指す熱い大会が待ってるのか。
    私はコートにすべて置いてくる事ができず未練たらたらです(笑)
  19. 19.
    いいなぁ〜

    そう感じるしかないわ〜
  20. 20.
    • だいち
    • 2012年12月30日 23:46
    こんばんは♪───O(≧∇≦)O────♪
    バスケット好きなんですね(((o(*゚▽゚*)o)))🏀バインバイン囧rz
    がんばってくださいね(´Д` )




コメントする(このブログのコメントをRSSフィードで購読することができます)

息子物語/バスケットマンへの道(8) にコメントする
絵文字
K-twitter K-facebook
Twitterボタン [henshusya_k]
編集者・Kのtwitterアカウントです。皆様お気軽にフォローしてくださいませ。
facebookボタン [k.no.heya]
Kの部屋のFacebookページです。皆様お気軽に「いいね!」してくださいませ。
LINE読者登録
小説、始めました!
新たなチャレンジ、動いております!
是非ご覧ください!( 執筆の経緯はコチラ)


最新記事
月別アーカイブ
カテゴリー
最新コメント
PROFILE
編集者・K / 編集者・K
雑誌・WEB編集の仕事をしているKと申します。「スポーツ」「TVゲーム」「少年漫画」「お笑い番組」「マカロニグラタン」をこよなく愛するオジサンです
  編集者・Kにメッセージ>>>>>Mail to K
  編集者・Kとtwitter>>>>>>>henshusya_k
  編集者・Kとfacebook>>>>>>Kの部屋
ACCESS
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

スポンサードリンク

トップに戻る