当ブログコンテンツの無断転用はご遠慮ください
このエントリーをはてなブックマークに追加        
  • 2013年02月17日01:34

なぜバスケの練習を頑張るのか 〜「手段」と「目的」について〜

やっぱり亀仙人って偉大だな、って思うんですよ。


おっと、突然の意味不明発言でスミマセン。

で、先に謝ります。ほぼ間違いなく最後に
「何が言いたいのか自分でもよく分からないけど」
みたいな締め方します。うん、絶対そうなる。ゴメン(笑)。



皆さん、ドラゴンボールの亀仙人はご存知ですよね?
主人公・孫悟空の最初の師匠ともいえる存在の、
あの亀仙人です。そう、サングラスにヒゲの。

悟空は彼のもとで修業することで強くなるのですが、
その修行の際、亀仙人は最初にこんなことを言うんですね。

「強くなって、楽しい人生を送ろうじゃないか」と
(ゴメン。正確なセリフは忘れちゃった)。


いや、結局これだな、と思うんですよ。


いま、息子のミニバスケットボールクラブでコーチ見習い的な
仕事をさせてもらっているのですが、たまに考えるのです。

なぜ、バスケを頑張るのか、と。
子供たちに質問されて、答えることができるのか、と。

で、色々考えると、亀仙人の言葉に行き着くのです。



「手段の目的化」という言葉があります。

本来手段であることが、目的になってしまうことを指します。
おおよそ、よくないことの意味で使われていますね。

例えばスポーツの世界では、練習すること自体が
目的化してしまうのはダメ、とよく言います。
そう、練習は強くなるための手段であり、目的ではありません。

会社の仕事でもそう。「会議をすること」が目的になっている
会議は何も生まないとよく言います。
「○○を決める」「○○を考える」という目的のために
会議を開くのであり、「会議をすること」は手段なのです。


スポーツの話に戻りましょう。
いや、もう少し絞ってバスケの話にしましょう。


バスケの練習は、あくまでも手段です。

では目的は何なのか。


強いチームになること?

うむ。
「強いチームになる」あるいは「上手い選手になる」という
目的のために、一生懸命練習する。目的は強くなること。
「練習」は強くなるための手段です。

いいじゃないですか。これはキレイな考え方といえそうです。

が、
もっと広い視点で見ると、これが意外とそうでもない。


なぜ、強くなる必要があるのか?
その上に位置する目的がまだありそうじゃないですか?


試合に勝つため?

ふむふむ。
「試合に勝つ」という目的のために、強くなる必要がある。
「強いチームを作ること」は、試合に勝つための手段です。

これもキレイですね。
おそらく今日も明日も日本中のクラブチームでコーチが
「勝つために強くなるぞ!」と叫んでいることと思います。

目的は「試合に勝つこと」です。
これで決定でしょうか。


いや、ちょっとまて。
まだ上に行けそうじゃないか?

「試合に勝つ」のは何のため? と考えると、
これも目的じゃなく手段なんじゃないか、と。

試合に勝つことは大事です。みんな勝ちたいです。
では、それはなぜ?

優勝するため?
日本のミニバスの世界でいえば、一番上は全国大会の優勝、
つまり日本一になるため?

※日本のミニバスは優勝が4チームあるんだけどね


なるほど。そうかもしれない。
日本一になるためには、試合に勝たねばならない。

やるからには日本一。あくまでも目的は「日本一になること」。
「試合に勝つこと」はそのための手段。

「なんで一生懸命練習しなきゃいけないの?」と聞かれたら
「日本一になるためだよ」と答える。

まあ、子供たちが本気で受け取るか否かの問題はあれど、
ヘンなことは言ってないように思えます。
これが答えでしょうか。


いやいやいや、まだ上に行けるっしょ(長いな、オイ)。

今度は、なんで日本一になりたいのか、ですよ。

まあ、色々ありますな。そして延々と続きます。


例えば、ミニバスで日本一になって、中学・高校でも
優勝して、そして未来には「プロバスケ選手になりたい」。

「プロバスケ選手」、立派な目的じゃないですか。
卒業アルバムの「将来の夢」に書ける、立派な立派な目標です。

いやいや、終わりません。
じゃあ、なぜプロになりたいの? ですよ。


日本代表に入りたいから。

そう。僕はいつか日の丸を背負いたい。だからプロになる。
いよいよ壮大になってきましたよ。


じゃあ、なぜ日本代表になりたいの?

五輪に出たいから。

さあ、枠がいよいよ狭くなってきました。
日本人はオリンピックが大好き。そりゃあ「五輪選手」なんて、
なれるもんなら誰だってなりたい。けど、日本人のなかの
ほんの一握りしか掴めない、本当に壮大な夢です。

まだ行きましょう。


なぜ五輪に出たいの?

世界一になりたいから。

おおっと、ついに世界一まで来てしまいました。
もう日本人どころか、世界でもわずかな人数です。
いわゆる、60億分のナントカ、みたいなハナシです。

さらにさらに、世界一のチームの、さらにエースとなれば、
それはもう「世界一の選手」ですよね。

世界に1人です。
60億人いるなかで、たどり着けるのはたった1人です。

ここまで来ると、ちょっとさらに上を探すのは難しくなってきます。
練習も、強いチームも、試合の勝利も、日本一も、プロも、五輪も、
すべては手段。あくまでも目的は「世界一の選手になること」。


もうこの上はないでしょう。


では、子供たちに伝えましょう。

「コーチ、なんで僕たちはバスケの練習をするの?」

「それは、世界一の選手になるためだよ」



ん……?

なんか違う気がしてきた。

これ、世界一の選手にならない限り、目的は達成されない、
ってことになるのかしら? ほかは全部手段なんだもんね。

ていうか、そもそも世界一の選手が本当に目的なのか?
それすら、手段なんじゃないか?

さらに上に行ってみるか?



なぜ世界一の選手になるの?

お金をたくさん稼げるから。

確かに世界一になれば名誉とお金がたくさん手に入るでしょう。
世界一、いってみれば、マイケル・ジョーダンになるってこと
なんだから、彼のような大金持ちになれそうですよね。


では、なぜ大金持ちになるの?

子供たちに夢を与えられるから。

おおっと、なんかちょっとゴールに近い地点に来た気がしますよ。
多くのプロアスリートが口にする「子供に夢を」という言葉。

確かに、プロスポーツ選手という職業には夢があります。
子供のころから頑張ってきたことを大人になっても続け、
そしてお金をたくさん稼ぐ、これは大きな夢でしょう。


「コーチ、なんで僕たちは練習するの?」

「それは、子供たちに夢を与えるためだよ」


ちょっと待った。

子供に言うセリフとしては、あまり適切じゃないぞ、コレ。
ちゃんと通じないでしょう。子供たちに対して「子供に夢を」って。

それに「世界一」の時までは、どんどん辿り着ける人数が減り
最終的に地球上に1人まで行ったのが、「金持ち」「子供に夢」とか
辿り着ける人数がいつの間にか増加してる。

これまで「もっと上」「もっと上」という言い方をしていましたが、
そんな感じじゃなくなってきました。


いや、いいんです。

これ、どこまで行っても、「じゃあそれは何のため?」という
次のステージに行かされるハメになるんですから。
目的だと思ったことが、どこまで行っても手段になるんです。

で、そうなれる人が、減って減って、時には増えて、
だんだん意味がわからなくなってくるんです。



で、こう思うんです。

結局、最後に残るのって「楽しく幸せな人生」なんじゃないかなって。
ここまで来たら、本当に今度こそ、もう理由不要でしょう。
そこまで行って「なんで?」って言ったら、それはもう屁理屈。

楽しく幸せな人生を送った方がいいのは、当たり前でしょう。
もう正解です。そこに理由はないはずです。

そして、さっきまでドンドン難しくなっていっていた「目的」が、
気づいたら、誰にでもできることに変わっています。
楽しく幸せな人生を送る可能性はみんなにあるはずです。
ヘンな話、60億人全員がいっせいに成し遂げることだって
物理的には可能なんですから。

世界一の選手は、一度になれるのは最高で1人という狭き門ですが、
これは違うんですよね。

そのために、世界一の選手になってもいいでしょうし、
お金持ちでもいい、いや、そこまで行かなくてもいい。
「全国大会に出た」という思い出と、それによって得た
様々な何かのおかげで、人生幸せになることだってできる。

いや、全国大会に出なくたっていい。それでも楽しい人生は送れる。


わし、ずっとバスケやってるよ。
中学1年から今でもずっと。もう20年以上やってる。

世界一?なってない。日本一?なってない。岡山一?なってない。
いやいやいや、自分のチームのレギュラーすらなってないですよ。
20年以上やってる人の中では相当下手ですよ、ハッキリ言って。

でも、楽しいよ。
ミニバスのコーチ楽しいし、会社の仲間とのバスケも楽しいし、
息子とのバスケも楽しい。バスケの話するだけでも楽しい。

バスケをやってたから、このブログ「Kの部屋」を書けたわけだし、
そのおかげでプロ選手と知り合って息子の夢が膨らんだりしたし。
この「Kの部屋」が、ブログ界でそれなりの支持を得たことで、
自分や自分の仕事にも自信が持てるようになったし、
バスケのおかげで友達増えたし。自分の居場所が増えたし。

バスケ下手だったけど、結構頑張ってた。根性はついたと思う。
だから仕事でも絶対に逃げない。だから楽しく仕事できてる。
いま自分としては充実した社会人生活ができてると思う。

楽しい人生送れてるよ。


うん。でも、もうちょっとバスケが上手かったら、
もうちょっと幸せだったかも、とも思うんだよね。

そりゃ上手い方が、会社のバスケも楽しいですよ。
ミニバスの子供たちや息子にももっと色々教えられますよ。

「自分、インターハイでベスト4っす」っていうほうが、
友達増えそうだし、バスケの会話もより弾むでしょう。

根性つきました、って言っても、やっぱり日本一になった
奴のほうがもっと根性あると思うんだよね。

やっぱりね、あの頃もっとたくさん頑張ってたほうが、
もうちょっと楽しい人生になっていた可能性はあるんじゃないかな。


子供の頃頑張ったことが、将来全く役に立たないなんてことは
絶対にない。絶対ないよ。絶対何かの役に立つよ。

そしてそれは、やっぱりたくさん頑張ったほうが、
より役に立つ幅が広がるし、可能性が高くなるよ。
絶対ちょっとでもたくさん頑張ったほうがいいよ。絶対。

より頑張ったほうが、より楽しくて幸せな人生を送れるよ。



だから、亀仙人って偉大だなって思うんだ。

冒頭の話にいきなり戻っちゃうけど、
一生懸命修行して、そして楽しい人生送ろう、って
本当にその通りだよ。


今日この記事で書いたことを子供たちに伝えるのって
ものすごく難しいけど、でも、こういう話をしてあげたい。
いまバスケをたくさん頑張ってほしいから。
子供たちのこれからの人生のために。


はあ…、

やっぱり何が言いたいのかよく分からなくなってしまった。
だから最初に言ったじゃないですか。そうなりますよ、って。

こりゃあと何回か書かなきゃダメだな。
そうすりゃいつか整理される気がする。


また、何か書きますわ。


ではでは。



このエントリーをはてなブックマークに追加        






なぜバスケの練習を頑張るのか 〜「手段」と「目的」について〜 へのコメント一覧

  1. 1.
    • スポーツ大好きマン
    • 2013年02月17日 01:42
    • 5
    初コメです。
    すんごく共感しました!
  2. 2.
    • hryk
    • 2013年02月17日 01:48
    バスケをはじめ、スポーツをする理由は
    「楽しい」からですかね

    上手くなるともっと楽しめるから

    ドライブで敵陣を切り裂いていき、見方に絶妙なパスを出したい、
    いいポジを取り仲間からのナイスパスをもらいかっこよく3Pを決めたい

    こういったプレイをやれたら楽しいだろうなと思います
    (かっこいいだろうな)

    勝ちたいっていうのも、買ったほうが
    楽しいから、悔しくないから


    多分、楽しいからって理由は大きいと思います
  3. 3.
    • かず
    • 2013年02月17日 02:07
    • 5
    初コメです!
    読んでて、なんか感動しました!
    Kさん深いです!!
  4. 4.
    • 仙道ファン
    • 2013年02月17日 02:08
    スラダンの続き以外では初コメです。
    Kさんにはすごく共感しましたが、最近キングカズやゴン中山にもすごく共感したのを覚えているので参考になればと思います。

    やっぱり一番の根底にあるのはそのスポーツが好きで楽しいからやるのだと思います。
    確かに練習は試合に勝つなどの目標達成のための手段であると思います。ただ、なんでなんでどたどっていくうちに必ず最後に行き着くのは、好きや楽しいといった感情であると思います。ただボールを蹴るのでも楽しいですが、好きだから試合に勝ちたい・日本一になりたい・プロになりたいという気持ちが芽生えてくるのかなと。人によって目標の個人差はあるけれども、練習するのは個人の目標のための手段ですが、その根底は好きという気持ちなのかなと思います。
    長々とすみません。
  5. 5.
    • やまお
    • 2013年02月17日 02:09
    • 5
    はじめまして。
    いつもブログを楽しく読ませて頂いております。

    私も現在テニスのコーチをやっていまして、子ども達に伝えたい事はまさにこの事だと雷に撃たれたような気持ちになりました。もっと勉強してちびっ子達がスポーツって良いもんだ!って思える指導をモットーに頑張ります。


    いきなり長文すみません。

    それでは失礼します!
  6. 6.
    • 師匠
    • 2013年02月17日 02:18
    hrykさん、仙道ファンさん
    それも今回の記事にあてはめたら、「なぜ楽しいこと好きなことをやるのですか?」ということになりますよね。
    つまり好きなことをやるということが楽しく幸せな人生になるっていう結論なんじゃないですか?最終的にはKさんが言っていることと全く同じだと思いますよーー。

  7. 7.
    • 2013年02月17日 02:21
    学校の永遠の謎、
    なぜ勉強するのか
    の答えに一歩近づく記事だと思う。
  8. 8.
    • きむ
    • 2013年02月17日 02:26
    スラダン風に言うと豊玉の
    「勝った方が100倍楽しいから」
    ってことでどうでしょう!?
  9. 9.
    • Lee
    • 2013年02月17日 02:26
    • 5
    書き直す必要ないと思います。 このままで十分伝わりますよ。
  10. 10.
    • チェリー
    • 2013年02月17日 02:30
    • 5

    これ読んでなんかジーンときました。そうか俺はいま幸せに、楽しくなるために頑張ってるんだなぁ
  11. 11.
    • うんうん、
    • 2013年02月17日 02:37
    • 5
    イイ \(^o^)/
  12. 12.
    • ぴぴ
    • 2013年02月17日 03:02
    • 4
    ほんとそうですよね。
    勝った方が楽しいし、活躍したら楽しいし、そしたらどんどん頑張れる。
    その中で得るものも多い。
    自分は野球をやってましたがもっと上手かったら楽しかっただろなと感じたことあります。
    今はもう遊び程度ですが、昔にもっと頑張れたなと思いますし、野球を始めた時期が少し遅かったなと思うこともあります。
    息子さんはこんな早くから始められて増すし、小さい頃から得たものはデカイと思うので頑張って楽しいし人生を送れるようレールをひいてあげてください。
  13. 13.
    • よういち
    • 2013年02月17日 04:06
    • 5
    すごく素敵な考えだと思います。
    僕もKさんのようなコーチに出会いたかったです!
  14. 14.
    • きょーへい
    • 2013年02月17日 04:25
    やっぱり楽しい事が1番ですよね!
  15. 15.
    • ケビン
    • 2013年02月17日 06:54
    やるからには一番を目指してほしい。目指さないとダメだと思う。
  16. 16.
    • レジナルドウェイン
    • 2013年02月17日 07:35
    バスケには、全てをもらったという感触があり、バスケのおかげで人生が豊かになった。
    そう考え、伝えている自分としては共感できた。
    バスケへの恩返しの手段として、このブログは良い方法だと思う。
  17. 17.
    • ラスコ
    • 2013年02月17日 07:51
    なんかいつもとテイストが違う感じでよかったです。

    この続きも楽しみです!
  18. 18.
    • あんた最高
    • 2013年02月17日 08:09
    • 5
    ひっさびさのコメントです。本当にいつも楽しく読ませていただいてます。

    kさんの言いたい事は、よく伝わりました。

    僕はつまりこう思いました。

    それは、全国大会に出たり世界一の選手になると言うのは、「目標」であり、バスケットを通じて人生を楽しく豊かにしようと言うのが、「目的」ではないでしょうか。
  19. 19.
    • いけだ
    • 2013年02月17日 08:33
    • 5
    なぜバスケするか社会人だと自己満足ですかね学生の時は思いませんでしたが、今バスケやりきって良かったと思うのは、自信が持てるからと思います。自分の限界までやりきる事が大事なんです。学生の時は結果でなく、過程を大切にしてもらいたいと思います。よくわからない文章ですいません。
  20. 20.
    • まなてぃ
    • 2013年02月17日 08:43
    この記事を見て思いました
    今大学生なんですが、練習がしんどいです
    練習したくないです
    それは多分今バスケが楽しくないからなんですよね
    なんかチーム全体がピリピリしすぎてて、雰囲気がよくなくて楽しくない
    批判しか出なくて、いいプレーがあっても褒められない
    そんな環境で一生懸命バスケしても楽しくない
    やっぱりバスケは楽しいからこそ、練習も楽しく、頑張れるんですよね

    楽しくバスケすることを心掛けたいと思います
  21. 21.
    • キムキム
    • 2013年02月17日 08:52
    • 5
    感動しました!すばらしい考え方を教えて頂きました。
    私は陸上という畑違いなスポーツを20年近くやってます。強く速くなりたいという目的はありますが、やっぱりなんでと聞かれると楽しいから、楽しみたいから、ですね。
    名言(亀仙人のだけど…)をありがとうございます!
  22. 22.
    • よも
    • 2013年02月17日 08:54
    ご自身のブログなので、自由といえば自由ですが、読み手の立場に立った文章を書かれたらいかがでしょうか?
    正直、意味不明というか、この文章自体、手段が目的化してるなぁと思い、途中で読むのをやめました。
    僭越ながら意見させていただきました。
  23. 23.
    • そーラ
    • 2013年02月17日 09:17
    • 5
    バスケ続けるかなやんでたけど、これみてつづけようとおもいました!ありがとうございます!
  24. 24.
    • 埼玉の白髪鬼
    • 2013年02月17日 09:17
    深イイ!
  25. 25.
    • ズバ
    • 2013年02月17日 10:07
    なるほど。すごく共感できます。私は学生時代バスケが楽しくて仕方がなかった。週6でバスケをして、バスケを通じて知り合った人との交流がたまらなく好きでした。今は社会人になりバスケも月1出来ればいい方。幸せという目的のための手段が仕事、それは正解だと思う。けどもっとバスケをする時間のある仕事が良かったなぁ。
    すみません。ただの愚痴です。
  26. 27.
    • モテキ
    • 2013年02月17日 10:20
    • 5
    それは大人になった時に考えました。
    子供(学生)は上手くなって、試合に勝って、っていうのを目標にやらないとね。

    なんでかというと部活動であり必ず試合がつきまとうから、勝敗が嫌でもついて回る。(プロや社会人バスケもそうか。一概に子供ではないね。)

    楽しくバスケして良い人生を送るだけなら愛好会や、サークル、ストリートバスケがもっと支持されても良いと思う。
    日本ってそういう文化ないよね…

    楽しくバスケしたいだけだったのに
  27. 28.
    • keyco
    • 2013年02月17日 10:28
    私、30過ぎてもバスケを週2、3で頑張ってるですが
    なんで頑張ってんだろ!?て思うときが多々あります。

    ただ、単純に楽しいからか。
    なるほどシンプルですね☆
    さすが天下一の亀仙人だぜ!
  28. 29.
    • ペニー
    • 2013年02月17日 10:31
    初書き込みになります。
    いつもスラムダンクの続きをはじめ、楽しく読ませてもらっています。

    今回の記事はまさにコーチングの理論ですね!
    すべては『幸せな人生を送るため』
    ここに集約されるというのがコーチングの理論です。

    人間は何をするにしても『幸せな人生を送るため』に行動してるんですよね。
  29. 30.
    • ターナー
    • 2013年02月17日 10:35
    よく"練習のための練習"って言われていました。練習では上手くできるのに、試合でまったくできない。
    みんな練習で満足してたんでしょうね。試合での心理状況やスピード感も想定して常にしてないから、本番でできない。

    日本サッカーも同じですね笑
  30. 31.
    • 俺の場合
    • 2013年02月17日 10:42
    大好きなバスケをもっと好きになるため!かな(*^^*)
  31. 32.
    • パデュー
    • 2013年02月17日 11:08
    学生の頃、明けても暮れてもバスケばっかり。
    なんでこんなしんどいことばっかりやってるの?
    やってもやっても県大会で上位に入ることもできないのに。
    それでもこれでも
    毎日バスケバスケバスケ。

    理由?試合に勝ちたいから?あいつ上手いと言われたいから?
    女子にもてたいから?
    きっと全部そうなんだけど、結局「バスケが好きだから」ですよ。
    好きなことに理由なんてみつけらんない。
    理由を当てはめることはできても、それは後付けだと思うし。
    僕はKさんより1つ下の学年だと思うけどBSで7時からやってたNBAをビデオに撮って同じゲームを飽きもせず何回も何回も見たなぁ。

    しんどい練習なんかやめてしまいたい!と思っても
    バスケが本当に好きならやっぱり手放せないんですよね。
    だって練習すれば大好きなバスケがもっと楽しめるようになるんだから。もっと自分の描くプレイができるようになるんだから!

    なんかKさんの話と論点ずれちゃった気がしますけど、すみません。

    体罰問題で揺れる現代、思うことたくさんあって…
    長文失礼しました。


  32. 33.
    • 神様
    • 2013年02月17日 11:16
    >>よも氏
    それだけだとタダの悪口ですよ。ダサいですよ悪いけど。
    なんという手段を目的化しているのか具体的に言わないと。
    生意気言ってすいません。
  33. 34.
    • ヤッサン
    • 2013年02月17日 11:37
    桜花学園の井上先生もおっしゃってましたが、楽しいから・好きだからきつい練習も出来るらしいです。

    つまり練習するのは、もっと好きになるためとか、もっと楽しくなるためじゃないですかね……
    最終的には達成感を味わうためとかもあるとは思いますが(..)
  34. 35.
    • ループ
    • 2013年02月17日 12:05
    なんでバスケをするのかは好きだから。
    なんで好きなのかは楽しいから。
    ただそれだけで十分です。
  35. 36.
    • トトロ
    • 2013年02月17日 12:15
    スラムダンクじゃないですが、

    あひるの空っていうマンガで同じようなことかいてるようなのがあったような…

    頑張るって大事ですが

    難しいですよね
  36. 37.
    • とってぃ
    • 2013年02月17日 12:25
    • 5
    いつも楽しく拝見させてもらってます。

    ちょっと感動して、初コメさせてもらいます!
    多分、子供だけじゃなくて、大人もそうだなーって思いました。
    夢や目標ってどんなに大きいものでも、理由を考えると「好きだから」とか「楽しいから」って単純なものになる気がします。

    今辛くても、振り返って考えると意外といい経験だなーって思えるはずです。

    改めて頑張ろうと思えました!ありがとうございます!!
  37. 38.
    • あかさたな
    • 2013年02月17日 12:56

    就活の自己分析を思い出しました。
    ただひたすらにWhyを問い続ける。

    バスケに当てはめていったら

    なんでバスケをするの?
    何が楽しいの?
    それって他のスポーツでも出来ないの?
    …って感じでしょうか。

    でも結局行き着くところは「バスケが一番好きで楽しいから」
    なんですよね。
    理屈を求めていったら最終的に理屈抜きの答えにたどり着くという

    だからこそ「こまけぇこたぁいいんだよ」なんてフレーズが一時期流行ったのかもしれませんね。
  38. 39.
    • I
    • 2013年02月17日 13:05
    就活の自己分析みたいですね。
    楽しさ、幸せが共有できるチームって羨ましいなって思います。
  39. 40.
    • 本郷
    • 2013年02月17日 13:36
    皆さんに反論するわけじゃないんですが、
    好きだからって理由だけだと試合に勝たなくていい気がするんですよね。楽しいことが一番なら死にものぐるいで頑張る必要もないですよね。
    K氏の言っていることは、世界一の選手になることまで考えても、それはなぜかという話であって人生の意味まで考える話。
    自分がバスケが好きだからやってるだけで済む話でもない気がします。
    難しいですね。
  40. 41.
    • マサト
    • 2013年02月17日 13:42
    バスケが好きだから。
    バスケが楽しいから。
    皆さんの意見だとバスケの練習を嫌いになった人には説明できなくないですか?
    バスケは好きだけどしんどい練習はしたくないという人には説明できなくないですか?
    楽しくバスケしたいだけの人に真剣な練習をさせれなくないですか?
    Kさんの話はシンプルだけどもっと深い気がします。バスケが好きだという結論では片付かなくないですか?
  41. 42.
    • ヨッシー
    • 2013年02月17日 13:43
    世界一すら目的でなく手段。人生とはなんと深いことか。
  42. 43.
    • ひろ
    • 2013年02月17日 15:53
    • 5
    自分は高校の途中で部活をやめた人間ですが、やめたいと考えてたときにこの文を読んでいて少しでもこのことが理解できていたら部活をもっと頑張れていたんぢゃないかなと思いました!
  43. 44.
    • くずん
    • 2013年02月17日 16:01
    なるほど。
  44. 45.
    • 2013年02月17日 16:18
    『どんなことでも、やればやるほど楽しくなる。やらされれば、やらされるほどつまらなくなる。』ってことだと思ってます

    オレはまだまだ人間できてないので、厭々やらされることもしばしばですが、いざ始めてみればついついあれやこれやと試行錯誤して楽しんでる自分がいるんですよね

    やる前から前向きにあれやこれや考えられていれば、やれと言われた時、むしろ喜んでやれるんだろうに…(苦笑)

    実践と研鑽で、これからも精進します!
  45. 46.
    • climb
    • 2013年02月17日 16:36
    • 4
    僕も同じようなこと考えたことあります!

    最終的にめんどくなって、二つに別れました!
    勝った側は負けない為に練習をする!
    負けた側はいつか勝つ為に練習をする!
    こんなとこでしょうか?(^^)笑
  46. 47.
    • やんぐまめっち
    • 2013年02月17日 17:05
    スポーツをする理由は人それぞれですよね。

    体力をつけたい、自分の限界に挑戦したい、友達を作りたいなどなど。

    私はバスケではないですが、バドミントンやってます。とても楽しいです。
    地区一番どころかチーム内一番にもなれません。
    今日も試合で負けました。
    でも、大好き。
    もっと上手くなりたい、それだけっす、っていう流川の言葉通りです。

    練習して出来なかったことが出来るようになるって単純に面白い。

    人によってはハードな練習は嫌い、試合も出なくていいって人も居ますよ。でもバドミントンは好き。
    その人が楽しければそれもアリだと思います。

    子供だと、単純に趣味と言いきれない部分があると思いますが、
    頑張ったことってその後の人生に絶対にプラスになりますよね。

    私は小、中とバスケだったのですが、あの過酷な練習に耐えられたというのはすごく自信になってます。
    試合は勝てなかったけど、今もつきあいがある友達も出来ました。

    何か夢中になったことって、人生に彩りを添えると思います
  47. 48.
    • すこーぴおん
    • 2013年02月17日 17:26
    結論は単純明快だけど深い話ですよね〜!!
    僕はKさんのように「考える」ことが一番大切なんじゃないかと思うんです。これはスポーツに限らず人生全般に言えるんですが、「何のため」って答えがわかったら努力しないと思います。重要なテーマに確実な答えが出ないのは、人間が「考える」ことを続けて成長する為だからだと思いました。

    自分もまとまりきらないコメントを書いてしまい、申し訳ないですm(__)m
  48. 49.
    • KON
    • 2013年02月17日 17:43
    • 5
    そのとーり!!

    少し違うかもしれませんが、自分はミスチルの終わりなき旅の『高ければ高い壁の方が登った時気持ちいいもんな』という言葉を座右の銘にしてます。
    どんなことでもよいので、目標を設定して達成するための努力は辛いことも多いですけど、やっぱり楽しい!!
  49. 50.
    • やふー
    • 2013年02月17日 18:07
    • 5
    素晴らしい答えで哲学なんで答え見つけるんは各々がそれを実感した時だと思います。

    それは選手として活躍してる時もあれば亡くなる寸前でもあるかと…。

    最近バスケ筆頭に体罰問題で騒がれてますが、監督およびコーチと言う存在や責任を見直すべきだとは常々思います。

    ミニバスという点で答えるなら「がんばって練習して勝つ方が何であれ楽しい」でいいかと思います。

    もちろんKさんの言葉を伝えた上で!Kさんの言葉は後々理解出来るのではないかな?って感じです。
  50. 51.
    • おっきー
    • 2013年02月17日 18:52
    色々と考えさせられました。

    私は、今の、これからの人生を楽しく生きるために、一つの手段として、スポーツをする。

    スポーツがあるからこそ、自分の人生は楽しくなると思いました。
    あらためて、スポーツの大切さを知ったかな。

    自問自答してると、なんだかよくわからなくなってきますが、このKさんの記事に共感なりしている方々は、スポーツによって楽しい人生を送れているような気がします。
  51. 52.
    • バム
    • 2013年02月17日 19:22
    初めまして
    スラムダンクに辿り着いてそれからKさんのブログ楽しんで読んでおります
    実は今受験生なのですが
    勉強する意味とかにすごいモヤモヤしてました
    けど、このブログを読んでなんかとってもスッキリした気がします
    Kさんありがとうございます!
    残りの受験頑張ります!
  52. 53.
    • しょーいち
    • 2013年02月17日 20:14
    更新ありがとうございます!

    スラムダンクの中で、豊玉前監督(名前忘れちゃったww)の台詞を借りると

    バスケットは好きか?
    勝ったら100倍楽しいぞ!

    っていうことだと思うんですけど、違いますかね?子どもにもひじょーに分かりやすいんではないかと思います!
  53. 54.
    • J
    • 2013年02月17日 20:26
    Kさん、本出して下さい‼
    買います‼
  54. 55.
    • ちー
    • 2013年02月17日 20:54
    • 5
    好きなことがあるから夢中になれる!
    アタシも中学・高校とバスケやってました☆決して強いチームじゃなかったし試合も負けてばっかで何でバスケやってんだろう?って思った!バスケやめようかなって思ったこともあった…
    でも結局やめれなかった…
    バスケ以外の部活なんて入りたくなかったし練習とか嫌だったけど…嫌じゃなかったんです!!
    バスケが好きだから(^-^)
    今も時々だけど高校の部活友達とバスケやってます*
    週1しかやってないし遊びがてらって感じでバスケしてるけど友達も増えたしバスケあるから仕事も頑張れる!!仕事のストレスをバスケで発散させる(笑)

    最終的に何が言いたいんだ??ってなるんですけど…
    自分がどうなりたいかゎ自分しか分からないことであって後悔ゃやり直したいことって誰にでもあると思うんです!今からやり直せるならやり直したい☆けど…やり直せない事だってあるから…そうならないために何かをやり抜く力が必要になるんじゃないかな?って思います(^^)

    経験して自分が得たものがあるから!それが役に立てばまた次に繋がる!!
    ってな感じなんじゃないでしょうか??

    答えがありそうでないような気もするけど
    いつかゎ答えが出る日がくると思います!!!
  55. 56.
    • 2013年02月17日 20:57
    また明日から1週間がんばるかな
  56. 57.
    • 2013年02月17日 21:16
    • 5
    こんなことを書けるKさんが偉大だと思います。
    俺もバスケ大好きです!
  57. 58.
    • ビョン吉
    • 2013年02月17日 21:53
    • 5
    何時も楽しくブログ拝見しております。
    今回の記事、凄く共感しました。
    私の場合はバスケットボールではなくテニスですが、楽しく幸せな人生をおくる為というのが、やはり結論なのかなと思います。
    今後、細かな目標が変わるにせよ、根底はそこかなと。
  58. 59.
    • スラムダンクの続きを勝手に考えてみる狂
    • 2013年02月17日 22:00
    Kさん


    かっこいいッス!!!
  59. 60.
    • ハリー
    • 2013年02月17日 22:18
    いつも、スラダンの続きを楽しみにしています。m(_ _)m
    私は、中学校でバスケ部の副顧問をしています。生徒達は、強くはありませんが、頑張って練習しています。
    私は目的と目標という言葉を毎回生徒に説明しています。
    私達のクラブでは、「目的」は優勝やベスト○○など「目標」はバスケを通して、人間的に成長する事。としています。
    Kさんも、指導する立場なら自分の中に考えがあるかないかで指導が変わって来ますよ(^o^)/
  60. 61.
    • りんご☆
    • 2013年02月17日 23:48
    • 5
    チョット子供には難しいし深いでしょうケドすごい解ります(^^)/
    すっごいすっごい共感できました!
    解る解るって感じでした!
    その気持ちで子供達を更にレベルアップしてください(*^^*)
  61. 62.
    • きりん
    • 2013年02月18日 00:03
    バスケ、スポーツに限らず、何かを始めるモチベーションって、何かしらの憧れなのかな?って思います。それか褒められた経験。でも今回は憧れの方に関してなんですが、先輩がプレイしてるのでも、マンガでも、お父さんでも、NBAでも、なにかしらを目の当たりにして、「カッケー!!!!」って憧れがあるような気がしていて、そこにいつかの、将来のうまくなった自分を重ねるような気がします。
    好きだし、楽しいから、がんばる、っていうのと、人生を楽しむためはもちろん、自分が憧れた姿に到達したいって、自己実現欲求みたいなものがあるから、うまくなって、いつかやった!って達成感を感じて、人生を楽しく幸せに感じるのかなって。そんなことを、Kさんの今回の記事を読んで思いました。
    だからこそ、子どもたちには理由を伝えるのと同じくらい、褒めて満たされる感覚をあげることってすごく大事なんだな、って。
    なんだか、すごく考えさせられました。長文失礼しました。
    オールスターが楽しみです!!
  62. 63.
    • たくみ
    • 2013年02月18日 00:21
    自分も高校時代によく監督に「練習のための練習してんじゃねぇ!」って怒られてました!
    わかる人には十分伝わってます(^-^)
  63. 64.
    • ちーちゃい部長
    • 2013年02月18日 00:53
    スポーツは人を豊かにする
    学校の部活ってこの理由であるんだと勝手に解釈してます

    スポーツを通していろんな人に出会い、学ぶことで人として成長できる
    これが全て

    勝ち負けは二の次
    出会う人たちへの思いの強さが
    勝ち負けに表れるから

    大切なのはいつも人


    でも人を大切にしないスポーツのやり方がスポーツ界をおかしくさせてる

    学校の名誉ため
    金のため

    クソ食らえです

    話がだいぶ逸れちゃいましたが

    スポーツは人を豊かにするための最高のツールだと思います
  64. 65.
    • ペガサス
    • 2013年02月18日 01:05
    • 5
    大学でバスケをやっていた時に同じような事を監督から言われ、目的を決めました。その頃は勝つためにということで、なぜなんて考えてなかったけど、目的を持つことで確実にチームは一丸となれたと思います。

    今も高校生にバスケを教える環境にいて、上記のような事を伝えるのは難しいですが、自分なりに簡単にまとめると『自分に負けない為』というのが一番しっくり来る感じです!

    安西先生のあきらめたらそこで試合終了ですよ。とかぶりますが、本当にその通りだと今でも思っています。

    Kさんも子どもに伝えるの諦めないで下さいね!
  65. 66.
    • デブロン
    • 2013年02月18日 01:20
    Kさんの言ってることは凄くよくわかるし、僕も結局のところそうなんだと思うけど、それは最後にたどり着く境地なんじゃないかな。だからただ全国で勝ちたいとか、プロになりたいとか、五輪にでたいとか、世界一になりたいとかそういうもののために努力する!それでいいと僕は思います!努力した結果、それが叶わなくてもあとからいろんな大事なことに気付く。そしてそれが楽しい?幸せ?につながる!
    まぁスポーツも人生も楽しいってのが1番大事な要素ですよね‼
  66. 67.
    • ゆうじろう
    • 2013年02月18日 03:15
    Kさんの書き込みに共感、感動しました!7年前からこのブログ見てますけど、初コメしたくなるくらいの感動でした!!
  67. 68.
    • yuji
    • 2013年02月18日 10:08
    私はある競技で今でも現役で競技を続けているアスリートです。

    スポーツを頑張る意義、非常に難しいテーマなのだと思います。なぜなら、個々においてその楽しみ方も、モチベーションも違いますから。
    私の楽しみは、生活がかかった中での勝ち負けに対する緊張感のある中で競技をすることです。ですが、これは万人がそうではないでしょう。それが単なる苦しみでしかない人もいらっしゃると思います。

    スポーツは楽しむためにするもの。これは当然だと思います。しかし、楽しみ方さえも個々で違うから難しいのです。

    ですから、私が子どもに「なんで練習するの?」と聞かれれば「その答えは自分で見つけるものなんだよ。」と答えます。
    それ以外の答えは、結局は個人の価値観の押しつけになってしまいそうです。
  68. 69.
    • くまのプーさん
    • 2013年02月18日 10:44
    さすがK さん!仙道にも劣らない最高のバスケットマンですね!

    バスケでもその他の分野でも、やっぱり結論はそこだと、私も思います。ところがそれを筋道立てて説明するのって難しいんですよね。それを見事に説明できてると思います。

    私は今回の話でも充分でしたが、まだ何回かこの話題があるなら、すごい楽しみです!スラムダンクと同じくらい楽しみにして待ってます。
  69. 70.
    • うおのめ
    • 2013年02月18日 11:34
    スポーツにしても勉強にしても楽しさを見出だすこともできれば苦痛だったりすることもあると思います。
    ただそのやり続けた努力で培われるものが大人になったとき、社会にでたときに生かされるんじゃないかと思います。つまり忍耐力や精神力とかですね。
    なんだかんだで努力に勝る天才なしだなって最近つくづく思うんです。
    まぁ現実的で夢のない話になっちゃうような持論なので小さい子供に言うようなアレじゃないですけど(笑)
  70. 71.
    • びほろ
    • 2013年02月18日 14:24
    • 5
    はつです。
    小学生の娘は、シュートが入らずつまんないっと言っています。まあそうですよね。
    でも、バスケは楽しいよっと励まし、ドリブルもうまくなっているしっとほめます。
    娘みたいに感じたままにバスケに当たるもの良いですよね。でもそこには晴子チャンが必要かな。私は、何のためにバスケをやるか?はこう答えます。「今を楽しむ、この瞬間に何をやりたいかできるのか。できちゃったがほしいよね。」もし、シュートが入ったら、一緒に騒げるんだ、皆とバスケやったらどんな楽しいこと起こるかな。
    私たち親は、誰もが男女関係なく、安西先生になれると思います。だって楽しいですよね、子供の成長を見守る道楽は。
  71. 72.
    • ヤーマン
    • 2013年02月18日 22:24
    • 5
    自分学校の教師してます。Kさんの話に共感と感動をしました。ありがとう。
    バスケ上手くなれば、人生楽しめる。まさしく自分の人生がそうなってます。
  72. 73.
    • 大阪 沖縄人
    • 2013年02月18日 23:11
    • 5
    は一番になりたい!一番目立ちたい!!で練習を頑張れました。
    試合、練習試合、紅白戦どんなときでも一番点を取りたい、3P入れたい、ディフェンス、パス、声出すどれか一つでもその場で両チーム一番になりたい、一番目立ちたいという自己満足を満たしたい!!!それがしたくて辛い練習も乗りきれました!
    なんか……僕もワケわからなくなって来ました!笑
    明日から仕事頑張れそうです。

  73. 74.
    • まこと
    • 2013年02月19日 05:09
    好きだからじゃダメなの?
    バスケが好きだから練習する上手くなりたい楽しい。
    好きなもので負けたくないから勝ちたい、だから練習する。
    そして、より好きになるため練習する。
  74. 75.
    • スナギモ
    • 2013年02月19日 17:43
    • 5
    この言葉を高校時代に聞いていれば、もっと練習頑張って、今より楽しい人生があったかもしれない。。。

    ただ、今が楽しくないわけではない。
    これからもっと何か頑張ればまだまだ人生楽しめますね。

    ほんと、亀仙人クラスの長生きもできるかもしれないwww
  75. 76.
    • chunmi
    • 2013年02月19日 19:18
    • 5
    仕事でも良く話されるテーマですね。改めて考えさせられました。
    ありがとうございます。
    体調に気を付けて頑張ってください。
  76. 77.
    • masa
    • 2013年02月20日 02:16
    • 5
    就職活動をしている今、心が軽くなりました。勇気づけられます。
    Kさん、ありがとうございました!笑
  77. 78.
    • さむ
    • 2013年02月20日 13:21
    • 5
    楽しむ事と好きになってもらう事は努力をする事とイコールしますね!
    子ども達に口で伝える事、自体が間違いのような気がします。
    野球チームで試合に勝つ事が楽しみとして教えたチームと野球すること自体を楽しませる事を教えたチームがうちの地区にありましたが、
    勝つ喜びを知った子達の方が高校まで続けた人数が多かったです。
    なにが楽しい人生からわかりませんが
    なにかに熱中する事は良い事でした
  78. 79.
    • ヘナチョコ
    • 2013年02月20日 16:49
    初コメです。

    ここにたどり着いて読みました。

    いい話です。なるほどです。感動しました。

    自分たちのチーム(バスケではありませんが)に

    話してみよう。
  79. 80.
    • 文字もじ
    • 2013年02月20日 16:56
    為末大さん著、「走る哲学」を思い出しました。
    ただ楽しかったから。これに勝る動機はない。
  80. 81.
    • かなこ推し
    • 2013年02月23日 15:29
    いいこと言いますね。


    俺の好きな漫画、拳児の主人公は、何のために強くなりたいのかの問いに、皆と仲良くするためと言いました。
  81. 83.
    • chunmi
    • 2014年09月25日 19:38
    • 5
    刺さりすぎた。この話。最高です。ありがとうございます。いつも元気を貰ってます。こういう話を子供に胸を張って話せる父親になりたいと強く思いました。
  82. 84.
    • R
    • 2016年08月13日 02:49
    子どもが遊ぶ姿を想像してください。なぜ遊ぶのか考えたことがありますか?その行為自体が目的なのです。おそらく「楽しいから」と答えられた方は、バスケという行為を目的的に捉えられているんだと思います。没入体験や溶解体験と呼ばれますね。一方でお金のため名声のためといった手段論でバスケを語る方もいらっしゃいます。あくまでも2つ以上の見方があるということでしょう。

    ただ子ども達への指導にあたり、個々がバスケに向ける動機は様々だと思います。そしてチームの動機ともまた異なるのではないでしょうか。それぞれのものの見方を尊重してあげてください。
  83. 85.
    • 洋平
    • 2016年11月29日 20:52
    同意
  84. 86.
    • M
    • 2017年03月28日 10:09
    プレーすること自体が目的であり、結果はパフォーマンスの確認作業に過ぎない。
    (田臥勇太)

    この言葉を思い出しました。
  85. 87.
    • ゆきたか
    • 2017年06月19日 13:51
    めっちゃ共感しました!
    バスケット楽しいですよね!
  86. 88.
    • 名古屋の監督
    • 2019年01月11日 18:26
    この記事・・・というか投稿ですが、Kさんが今まで書いたものの中で一番僕の胸に響きました。

    ありがとうございました。




コメントする(このブログのコメントをRSSフィードで購読することができます)

なぜバスケの練習を頑張るのか 〜「手段」と「目的」について〜 にコメントする
絵文字
K-twitter K-facebook
Twitterボタン [henshusya_k]
編集者・Kのtwitterアカウントです。皆様お気軽にフォローしてくださいませ。
facebookボタン [k.no.heya]
Kの部屋のFacebookページです。皆様お気軽に「いいね!」してくださいませ。
LINE読者登録
小説、始めました!
新たなチャレンジ、動いております!
是非ご覧ください!( 執筆の経緯はコチラ)


最新記事
月別アーカイブ
カテゴリー
最新コメント
PROFILE
編集者・K / 編集者・K
雑誌・WEB編集の仕事をしているKと申します。「スポーツ」「TVゲーム」「少年漫画」「お笑い番組」「マカロニグラタン」をこよなく愛するオジサンです
  編集者・Kにメッセージ>>>>>Mail to K
  編集者・Kとtwitter>>>>>>>henshusya_k
  編集者・Kとfacebook>>>>>>Kの部屋
ACCESS
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

スポンサードリンク

トップに戻る