当ブログコンテンツの無断転用はご遠慮ください
このエントリーをはてなブックマークに追加        
  • 2022年03月08日12:05

嗚呼、名チーム/02年W杯のアルゼンチン代表

どーも!!!

今日は名チームコラムでございます!


ここのところ「背番号総選挙」が絶好調でして、
そのコメント欄から、ちょっと昔の選手の名を
目にすることが増えたのですが、

ここらで02年日韓W杯の出場チームなんぞを
弄ってみたいと思いまして。


世界最強チームを決める大会であるW杯には
当然ながら数々の名チームがあるわけですが、
わしが思うに、こと「選手層」という意味では、
このチームが史上最強だったのではないかと。


今回ピックアップするのは、
2002年W杯のアルゼンチン代表です。


スポーツチームの選手層の厚さの表現として
「同じチームをもう一つ作れる」なんて言葉が
使われることって、ありますよね。

このときのアルゼンチン代表はまさにその通りで、
なんなら「W杯を制せるチームを2つ作れる」と
いってもよいくらいの、超絶異次元な布陣でした。



てことで、グダグダ言うより、
まずは思い出そうということで

その顔触れを確認してみましょう。

-----
■GK

23 ロベルト・ボナーノ(バルセロナ)
1 ヘルマン・ブルゴス ( アトレティコ)
12 パブロ・カバジェロ (セルタ)
-----
■DF

22 ホセ・アントニオ・チャモ
(ミラン)
6 ウォルター・サムエル(ローマ)
2 ロベルト・アジャラ(バレンシア)
4 マウリシオ・ポチェッティーノ(パリSG)
13 ディエゴ・プラセンテ(レバークーゼン)
-----
■MF

3 ファン・P・ソリン
(クルゼイロ)
15 クラウディオ・ウサイン(リバープレート)
14 ディエゴ・シメオネ(ラツィオ)
8 ハビエル・サネッティ(インテル)
5 マティアス・アルメイダ(パルマ)
16 パブロ・アイマール(バレンシア)
20 マルセロ・ガジャルド(モナコ)
11 ファン・S・ベロン(マンチェスターU)
10 アリエル・オルテガ(リバープレート)
-----

■FW

9 ガブリエル・バティストゥータ(ローマ)
7 クラウディオ・ロペス(ラツィオ)
17 グスタボ・ロペス(セルタ)
18 キリ・ゴンサレス(バレンシア)
19 エルナン・クレスポ(ラツィオ)
21 クラウディオ・カニージャ(グラスゴーR)
-----


いや、やっぱり異次元だわ。
ウイイレで使用禁止になるレベルだわ(笑)。


これ、ほぼ全員が欧州強豪クラブの主軸でして、
他国にいればスーパーエース、絶対的司令等に
なりそうな選手が、あろうことかベンチに
座っていたりしたんですよね。


各国のスーパースターが集結したビッグクラブは
よく聞くけど(分かりやすい例でレアルとか)、
このアルゼンチンは逆バージョンで、各クラブの
スーパースターが集結したナショナルチーム。

それが控え組にも及んでいるのが本当に恐ろしい。

うむ、アルゼンチン史上最強の選手層なのは
間違いないと思いますし、あるいは世界史上でも
最強の分厚さなんじゃないかと本当に思うんです。


フォーメーションが1トップ型の3-4-3だったので、
バティストゥータとクレスポのどちらかはベンチ
ってことになるんですよ。

中盤もバカみたいにスターが集まりまくってるんで
ベロンとアイマールで2択を迫られるとかさ。

んなアホな。


これ、ウイイレなら、強引に全員はめ込む布陣に
変更したいですよね。もうDF2枚にしちゃうとか
(当時は冗談でそうやってた気が:笑)。


で、実際はどうだったか。

記録を振り返ってみましょう。


02年W杯初戦のスターティングメンバーは
下記の通りでした。陣形は、前述通り3-4-3。


GK:カバジェロ
DF:ポチェティーノ、サムエル、プラセンテ
MF:ベロン、シメオネ、サネッティ、ソリン
FW:バティストゥータ、C・ロペス、オルテガ


はい、恐ろしい11人ですね。


そして何度も言いますが、
ベンチの面子が同様に恐ろしいです。

クレスポ、アイマール、キリ・ゴンザレス、
ガジャルド、アルメイダ、アジャラ、チャモ
(カニージャが万全だったらなあ…)、

いや、ホント、この控え組でも優勝狙えますよ。

因みに、選考外の選手でもサビオラとか
リケルメとかカンビアッソとか(おーこわ)。


という、異次元のこのチーム、
当然ながらW杯も破竹の快進撃を……、

とは、ならなかったのは、皆さんご存知の通り。


イングランド、スウェーデン、ナイジェリアと
同居する、いわゆる「死のグループ」に放り込まれ
彼らはグループリーグで姿を消します。

特にスウェーデンが予想以上に強かったですね。
スヴェンソンのFKが決まった時は、しばらく
茫然としたなあ、あの時のわし。


この02年W杯を制したのはブラジルでして、
リバウド・ロナウド・ロナウジーニョの
通称「3R」が本戦では猛威を振るいましたが、
大陸予選ではちょっと元気がなかったこともあり
戦前の下馬評ではアルゼンチンのほうが評価が
高かったんですよ。

会社の仲間とみんなでやった予想大会でも、
アルゼンチンを決勝のカードから外している人は
ほとんどいなかった気がします。

アルゼンチン、フランス、イタリアあたりが
このときの本命チームだったんです。


でも蓋を開けたら…、という。

上記3チームのうち、2チームはGLで姿を消し、
ベスト8には1チームも進めていないんですからね。


しかし、このアルゼンチンでも優勝できない、
っていうかGLも突破できないんだもんなあ。

勝負って分からないものですよね。



以上、
ベンチまで含めて異次元のメンバーが揃いながら、
頂点には立てなかった、02年の無冠の最強軍団、
アルゼンチン代表の思い出でした。

-----

PV風の動画見つけたんで、貼っておきますね。
この記事のテーマにちょうどよい編集。





-----


このエントリーをはてなブックマークに追加        






嗚呼、名チーム/02年W杯のアルゼンチン代表 へのコメント一覧

  1. 1.
    • カレー馬鹿一代
    • 2022年03月08日 12:24
    このチーム、いまだに史上最強だったんじゃないか?って思います。

    もし予選グループの組み合わせが違っていたら
    もし本戦でヴェロンの調子が良かったら
    もしバティが良い意味でエゴを振りかざし、チームリーダーになれていたら

    色々たらればを考えてしまう位、衝撃を受けたチームでした。
    フランスもものすごいメンバーでしたが、魅力という意味ではアルゼンチンの方が上でしたね。

    タレント軍団が必ずしも勝つという訳ではないですが、決勝トーナメント以降を見たかったチームでした。

    あれだけワクワクさせてくれるチームがまた出てきてくれたら良いなぁ〜
  2. 2.
    • りゅう
    • 2022年03月08日 12:39
    当時の職場で、1人2カ国選んで優勝チームを選んだ人には勝ったら叙々苑奢り!ってなゲームをしてまして、アルゼンチン&イタリアを取れて勝ちを確信してましたが、惨敗でございました。
    メンバーは本当に強かったのになぁ。

    ちなみに、4年後のイタリア優勝で叙々苑は頂きました笑
  3. 3.
    • 2022年03月08日 13:45
    サビオラリケルメカンビアッソが選考外っていう字面なら強さよ…!!
  4. 4.
    • めそ
    • 2022年03月08日 17:20
    このころのアルゼンチン代表は強かったですよね。アイマールとベロン、クレスポとバディが好きでどっちにも出て欲しいと思ってました。
  5. 5.
    • 2022年03月08日 18:37
    ���Υ����ȤϺ���ޤ�����
  6. 6.
    • あかぼうず
    • 2022年03月08日 19:41
    ベッカムのpkにやられましたね
  7. 7.
    • RVP
    • 2022年03月08日 20:41
    懐かしき、そして圧巻のメンバー!私はCロペスが何故か好きでした。当時小学生でサッカー見始めたくらいの頃ですね。
    ソリンはSBかと思ってましたが当時の代表ではサイハだったんですねえ。
    ただ大好きなオランダがこの大会出場していないんですね……
  8. 8.
    • ウェンリー
    • 2022年03月08日 21:06
    この時の監督が、エルロコこと、ビエルサでしたよね。不調のバディとベロンを使い続けた印象があります。
    このメンバーから、シメオネとポチェッティーノが今では名将になるなんて、この時は思いもしませんでした。
  9. 9.
    • えす
    • 2022年03月08日 22:48
    日韓W杯ではコケましたが、このチーム!ウィイレではすんごくお世話になりました!

    私はオルテガをクレスポにかえて、、
    −C ロペス−バティ−クレスポ−の
    スリートップにしてました!

    リケルメがいたら文句ナシ!!
  10. 10.
    • サッカー通
    • 2022年03月08日 22:50
    結果は出なかったけど
    間違いなくナショナルチームでは最強クラスのチームでした
    クレスポとかベロンとか好きでした
  11. 11.
    • タップ
    • 2022年03月09日 00:47
    南米予選はかなり強かったんですけどねぇ。本大会ではエースはバティか?クレスポか?って曖昧な感じのままでまとまりに欠けた印象でしたね。
  12. 12.
    • アリエナイ・オルテガ
    • 2022年03月09日 00:59
    当時小学生でしたが、敗退が決まった時にバティが頭を抱えてうつむいていたシーンがとても印象的でした。

    この大会当時はバティストゥータ、クレスポ、クラウディオロペス、オルテガとFW層がズルい!と思っていましたが、2010大会はメッシ、テベス、イグアイン、アグエロ、ミリート、パレルモって、、、アルゼンチンはいつまでもたってもFWズルかったですよね。
  13. 13.
    • オゴロ
    • 2022年03月09日 06:40
    オランダが出ていればなあ
  14. 14.
    • ギャルおやじ
    • 2022年03月09日 10:07
    ヤバい!
    ウイイレやりたくなってきた(笑)
  15. 15.
    • 編集者・K
    • 2022年03月09日 16:55
    >>1
    おお、共感いただけて嬉しい!!
    ホントに凄い布陣だったんですよね。

    面子的には、フランスよりもブラジルよりもアルゼンチンだったと、今でも思いますねえ。
  16. 16.
    • 2022年03月09日 16:55
    ���Υ����ȤϺ���ޤ�����
  17. 17.
    • 編集者・K
    • 2022年03月09日 16:56
    >>3
    若かったとはいえ、もうスーパースターになってましたからねえ。
    それでも落ちちゃう選手層の厚さよ。
  18. 18.
    • 編集者・K
    • 2022年03月09日 16:56
    >>5
    アルゼンチンの前線はホントに次から次に出てきましたよね。
    ウイイレやってたら、いよいよそう思います(笑)
  19. 19.
    • 編集者・K
    • 2022年03月09日 16:57
    >>4
    わしは全部出す強引な布陣でウイイレやってました(笑)
  20. 20.
    • 編集者・K
    • 2022年03月09日 16:58
    >>6
    うーん、どっちかというと、スウェーデンかなあ。
    イングランドに負けてもビックリしなかったけど、
    スウェーデンがあんなに強かったとは…、って。
  21. 21.
    • 編集者・K
    • 2022年03月09日 16:58
    >>7
    ソリンは、左ならどこでもやれたイメージです。
    オランダのゼンデンに似てるかも。
  22. 22.
    • 編集者・K
    • 2022年03月09日 16:59
    >>8
    難しいですよねえ。
    クレスポとアイマールは使いたいけど、本番で「経験」を取るのって
    分からないでもないですし、実際ナイジェリア戦でバティが決めましたしね。
  23. 23.
    • 編集者・K
    • 2022年03月09日 17:00
    >>9
    リケルメ、なんか地味な扱いを受けますけど、
    死ぬほど上手かったですからねえ。
    因みにわしはサビオラが大好きでした。
  24. 24.
    • 編集者・K
    • 2022年03月09日 17:01
    >>10
    インテルが好きなのかしら?
  25. 25.
    • 編集者・K
    • 2022年03月09日 17:01
    >>11
    あれはもう答え出せないですよね。
    凄いのがいっぱいいるという悩み。
  26. 26.
    • 編集者・K
    • 2022年03月09日 17:02
    >>12
    まあ、エグイ前線ですよね、いつも。
  27. 27.
    • 編集者・K
    • 2022年03月09日 17:02
    >>13
    それですね、
    ユーロ2000のチームが強かっただけに。
  28. 28.
    • 編集者・K
    • 2022年03月09日 17:02
    >>14
    わしも古いやつがやりたいです!
  29. 29.
    • えす
    • 2022年03月09日 23:58
    >>23

    サビオラも当時待望論わいてましたね!
    そうなんです!ウィイレは置いといて、なぜリケルメが必要なのか!
    その理由は…

    (わたしが思うに)
    ↓このチームはタテへの推進力とそこからのフィニッシュはすさまじかったのですが…
    それ以外はというと…

    まぁそういった人選と配置なので↓このシステムはカウンターを狙える相手か同格以上のチームでないと逆に手詰まりに。。

    GK:カバジェロ
    DF:ポチェティーノ、サムエル、プラセンテ
    MF:ベロン、シメオネ、サネッティ、ソリン
    FW:バティストゥータ、C・ロペス、オルテガ

    そこで、
    リケルメを召集することで!
    もうひとつのアルゼンチンが登場です!

    中盤でがっちりキープができて、そこからのスルーパスや連携しながらの崩しを得意とするリケルメをトップ下に入れて、その後ろに展開力があるヴェロンと中盤で闘えるシメオネを配置します!

    で、、
    リケルメ仕様にシステムも変更!
    こんな感じに!


    ===クレスポ=バティ===

    =====リケルメ=====
    ソリン========サネッティ
    ==ヴェロン===シメオネ==

    =プラセ=サムエル=ポチェ=

    =====カバジェロ=====

    これなら相手によってターンオーバーできて、もっとイケたはず(笑)!!
    ↑バティに代えてサビオラもイイですね!




コメントする(このブログのコメントをRSSフィードで購読することができます)

嗚呼、名チーム/02年W杯のアルゼンチン代表 にコメントする
絵文字
K-twitter K-facebook
Twitterボタン [henshusya_k]
編集者・Kのtwitterアカウントです。皆様お気軽にフォローしてくださいませ。
facebookボタン [k.no.heya]
Kの部屋のFacebookページです。皆様お気軽に「いいね!」してくださいませ。
LINE読者登録
小説、始めました!
新たなチャレンジ、動いております!
是非ご覧ください!( 執筆の経緯はコチラ)


月別アーカイブ
カテゴリー
最新コメント
PROFILE
編集者・K / 編集者・K
雑誌・WEB編集の仕事をしているKと申します。「スポーツ」「TVゲーム」「少年漫画」「お笑い番組」「マカロニグラタン」をこよなく愛するオジサンです
  編集者・Kにメッセージ>>>>>Mail to K
  編集者・Kとtwitter>>>>>>>henshusya_k
  編集者・Kとfacebook>>>>>>Kの部屋
ACCESS
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

スポンサードリンク

トップに戻る