当ブログコンテンツの無断転用はご遠慮ください
このエントリーをはてなブックマークに追加        
  • 2024年02月22日13:00

スラムダンクの続きを勝手に考えてみる(260) リメイク版

※この記事はリメイク版です
リメイクの経緯はコチラ
元記事はコチラ


関東学生トーナメント決勝戦

4thクォーター

深体大 71
青学大 73


深体大が2点差に詰め寄ったところから、
両軍連続で攻撃を失敗。

互いに守備で奮闘し、両チームあわせて
3度のターンオーバーを数え、深体大ボール。


互いの意地のようなディフェンスを
先にこじ開けるのはどちらなのか。

そして、試合開始以降、ほぼ全ての時間を
青学大リードで進んできた流れは変わるのか。


牧 「ここで追いつく」

藤真 「そうはさせない」



道谷《さあ、今度こそ得点が入るか》

塚本《それよりまずシュートに行けるかですね》

道谷《まずは撃つこと?》

塚本《はい、3連続ターンオーバー中ですから》




牧、ボールを保持。

マークは藤真。


ダム、ダム、ダム……。


「これはまた1対1で仕掛けそうだ!!」

「必殺のペネトレイト、狙ってるか!?」


赤木 「やはり、ここ一本はキャプテン・牧か」

宮城 「あの神のスティールで火が点いたかも」


キュキュ!!!

諸星と伊達健が動き出す。


藤真、後方に陣取るメンバーに声をかける。

「ドライブからパス出るぞ!! マーク厳しく!」


「オウ!!!!」

青学大メンバーの足が、ますます機敏に動く。


中村 「守備の体制は万全だ」

弥生 「藤真君のリーダーシップも相当なものね」



牧 (抜く!)

ダム!!!!!


道谷《牧です!!》

塚本《行った……!!!》


藤真がマーク。

牧のドリブルに並走。


ダム!! キュッ!!!

牧、強引なステップイン。


「牧!!!!!!」

「またパワーで行った!!!」


藤真に体をぶつけながら、自分の体をねじ込む。


キュッ!!!

藤真の上体がよろめく。

バランスを崩す。


「おおおおおお……!!!!」

「牧、強えええええええ!!!!!」



青学大ベンチ 

「押してる!!! チャージだ!!!!」


審判、動かず。

ホイッスルはない。


―― ノーファウル


桜木 「トーゼンだ」

(あのくらいで吹っ飛ぶほうが悪い)



そして、ゴール下、ワンハンドジャンパー。


赤木 「決まった……!!」

三井 「いや…!!」



森重が跳んでいた。


杉山 「ゴール下にはアイツがいる」



が、



牧は跳んでいなかった。



赤木 「……!!?」

杉山 (なに…!?)


塚本《ナイスフェーーーーイク!!!!》


深体大ベンチ総立ち。 

「上手ええええええ!!!!!」



キュ!

牧、森重を飛ばしておき、
もう一度ピボットを刻む。



そして


バス!!!



深体大 73
青学大 73


塚本《来たあああーーーーーーーー!!!!》



「決まったああーーーー!!!!」

「やっぱり牧だ!! キャプテンが決めた!!」


放送席、道谷が絶叫。

《同点!! 同点!! 同てーーん!!!》

塚本も吠える。

《さあ、ついに捕まえましたよ!!!!》



深体大ベンチ、いっせいにガッツポーズ。

「うおおお!! 牧さん!!!」

「さすが!!!」


宮城 「やはり、決めたか……」

(なんで、あんなゴール下のコンタクトの後に
冷静なフェイクができるんだよ…)


清田、絶叫。 

「うおおおおお!! 牧さん、凄すぎるぜ!!」

仙道、苦笑い。

「恐ろしい…」



4thクォーター 3分

試合開始時の0-0以来、
深体大が初めて同点に追いついた。


町田 「追いついた…」

弥生 「ここから深体大が一気に来るわよ」




しかし、


8秒後、同点の時間があっさりと途切れる。



ビッ!!!



「藤真…!!!!?」

「いきなり撃った……!!!」



弥生 「え……!?」

牧 「……!!!?」



ボールを回すそぶりを見せながら、
藤真が虚をつくスリーポイントシュート。


天崎 (え!? ウソ!!?)

神 (予想外…)


味方すら不意を突かれた。

会場にいる全員が裏をかかれ、唖然。


そんな一瞬訪れた静寂の中、



ザシュ!!!!!


高く美しいアーチを描いた、
緩やかな弾道のシュートがリングを射抜いた。



深体大 73
青学大 76


「………!!!!???」


次の瞬間、青学大ベンチと応援団が爆発する。


「うおおおおおおおーーーーーー!!!!」

「来たあああああーーーーーーーー!!!!」


「藤真さん!!!」

「藤真さあああーーーんん!!!!」


陸川が、空気を殴るようにコブシを突き出す。

「よおおおーーーーっっし!!!!!」


花形も思わず叫ぶ。 

「藤真!!!!」

会場別ブロックに座る長谷川や高野も。

「さすが藤真!!!!!」


道谷、再び興奮実況。

《なんという男でしょうか! 藤真健司、
わずか8秒でリードを奪い返しました!!》

塚本、興奮解説。

《いやあ、普通は大事に行くところなんですがね。
なんとも大胆な選択です!》



仙道、再び苦笑い。 

「コッチも恐ろしい…」



藤真、コブシを突き上げる。

「っしゃああああ!!!!!」


弥生、呆然。

「す、すごい……。この展開で深体大を
突き放せる選手が日本の大学にいるなんて…」



だが、

その青学大のリードも10秒しか続かなかった。




ザシュ!!!!



道谷《諸星、来たああああーーーー!!!!!》

塚本《なんと…!!!!》



「うわああああ!! 決めたあああーーーー!!!」

「しかもスリーで返したあああ!!!!!」


深体大 76
青学大 76


道谷、興奮止まらず。

《また同点です! なんという試合でしょう!!
連続ターンオーバーで得点が止まったと思ったら
今度は両軍ともにスリーを連発!!!》



深体大ベンチが立ち上がる。

「諸星さん、ナイッシューーーーーー!!!」

「牧さん、ナイスパス!!!!」


この諸星のスリーを導き出したのは、牧。

ドライブで一瞬ディフェンスを崩してからの
パスアウトだった。


バチン!!!

諸星と牧がハイタッチをかわす。


諸星 「最高のパスだぜ、牧!」

牧 「オウ!! よく決めた!」



宮城、驚きの表情。

「いつもの牧なら自ら獲り返しに行くはずが…」

赤木、腕組み。

「ここで個人のプライドにこだわるようでは、
この頂上決戦には勝てんということか…」


ギク!

桜木 (……)


杉山、ニコリ。

「ムキになって無謀に突っ込むようでは
戦いには勝てないと。心当たりはないか?」


桜木、眉間にシワ。

「ぬぬぬ…」

(ジイの野郎がこのプロより冷静だと?)



同点から8秒後に3点差。

そして、10秒後に再び同点。

これぞシーソーゲームと
言わんばかりの展開になってきた。



道谷の興奮実況が続く。

《まるでジェットコースターのようなゲームです。
頂上決戦は物凄い戦いになってまいりました!!》

塚本も止まらない。

《いやあ、もはや、ちょっと怖いくらいですよ!!
何度も言いますが、大学のレベルじゃないです!》


アナウンサーが“ジェットコースター”と形容した
このゲームは、ここから膠着状態に突入した。

点の取り合い、そして守り合いを繰り返しながら、
ゲームタイムは残り時間を少しずつ減らしていく。


4thクォーター 残り4分

深体大 80
青学大 80



4thクォーター開始直後に連続ターンオーバーで
訪れた勝負のポイントは互いに譲らなかった。


そして、まもなく次のポイントがやってくる。


静かに勝負の時を待っていたゴール下の怪物が
その恐るべき能力を爆発させようとしていた。




続く



-


このエントリーをはてなブックマークに追加        






スラムダンクの続きを勝手に考えてみる(260) リメイク版 へのコメント一覧

  1. 1.
    • kari
    • 2024年02月23日 20:24
    • 5
    上から2行目
    第4クォーターでは!?




コメントする(このブログのコメントをRSSフィードで購読することができます)

スラムダンクの続きを勝手に考えてみる(260) リメイク版 にコメントする
絵文字
K-twitter K-facebook
Twitterボタン [henshusya_k]
編集者・Kのtwitterアカウントです。皆様お気軽にフォローしてくださいませ。
facebookボタン [k.no.heya]
Kの部屋のFacebookページです。皆様お気軽に「いいね!」してくださいませ。
LINE読者登録
小説、始めました!
新たなチャレンジ、動いております!
是非ご覧ください!( 執筆の経緯はコチラ)


月別アーカイブ
カテゴリー
最新コメント
PROFILE
編集者・K / 編集者・K
雑誌・WEB編集の仕事をしているKと申します。「スポーツ」「TVゲーム」「少年漫画」「お笑い番組」「マカロニグラタン」をこよなく愛するオジサンです
  編集者・Kにメッセージ>>>>>Mail to K
  編集者・Kとtwitter>>>>>>>henshusya_k
  編集者・Kとfacebook>>>>>>Kの部屋
ACCESS
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

スポンサードリンク

トップに戻る