当ブログコンテンツの無断転用はご遠慮ください
このエントリーをはてなブックマークに追加        
  • 2024年04月03日18:38

キン肉マンの勝負を勝手に振り返ってみる(24)/キン肉マン×ブラックホール

どーも!!!

最近、やたら「プロレス」関連の動画や本を
視聴・読書しまくっている、編集者・Kでっす!

改めて実感します。
いやあ、プロレス大好きだわ、ホント。

※って、最近のは全然見てないんだけどさ
(もう懐古厨のオッサン全開だな、こりゃ…)


さて、そんなわけで
プロレスといえば当然「キン肉マン」でしょ、
ということで(おっと、これは少々強引か?)、
今日はメチャクチャ久しぶりにこれを更新。


「キン肉マン」全勝負、勝手に振り返り。

↓バックナンバーはこちらから。



そして、とりあえずいつも通りあのリンクを
貼っておきますね(7月放映開始でっせ!!)





前回の記事から「七人の悪魔超人」シリーズに
突入いたしました。そう、長らく続くことになる
「正義×悪魔」の戦いのスタートであります。

初戦のステカセキング戦をちょっぴり苦戦しつつも
勝利したキン肉マン、続く相手はこの男でした。



----

七人の悪魔超人シリーズ

第2戦

キン肉マン×ブラックホール

----



出ました、

現代版キン肉マンで主役クラスの活躍を見せる
ブラックホール!!

※おそらく、ゆでたまご先生はこの超人が
大好きなのであろう、とか予想してみたり
(そういえば、この後も登場の機会があるし)


まあ、それも分からなくもない。
見た目も名前もメチャクチャいいですもんね。

そして、ちゃんと「強い」ですもんね。


いや、もしかしたらこの一戦、キン肉マンの
数ある勝負の中でも、かなり苦戦した部類に
属するんじゃないでしょうか。


この時点では、いわゆるシンプルな「実力」では
ブラックホールのほうが上だったと思うんですよ。

本格的なレスリングスキル、
影を駆使した四次元殺法、
そして、あの究極技「ブラックホール」、

うむ、素晴らしい。


因みにこの試合、
ステカセ戦の疲労が溜まっているキン肉マンを
守るために、テリーマンが勝手にキン肉マンの
マスクを被っての代打出場を目論むのですが、
これもブラックホールは見破るんですよね。

たしかブラックホールのパンチを止めた手が
左手だったことから「利き腕が違う」とかでさ。


そう、
身体能力だけでなく、クレバーな頭脳もある。

確か、キン肉マンの単行本を全巻持ってて
研究してたんじゃなかったっけ?(笑)


ふむふむ、なるほど。
現代版キン肉マンでは、バッファローマンと並び
七人の悪魔超人のなかでも出来の良い優等生だった
ことが明かされますが、違和感はないでしょう。


※あ、余談ですが上記の、テリーマンが代打で
現れたあとのシーンで、涙を流すキン肉マンの
バックに謎のポエムが流れてましたよね。
他にも幾つかポエムがあったけど、あれはいつ
募集してたんだ? この突然の展開はなんだと
少年時代の編集者・Kは悩みましたよと(笑)。



また面白いのが、ブラックホールの武器である
「影」を消しさるために、バカ超人・キン肉マンが、
テリーの知恵を借りた頭脳戦を披露することかな。

自身の汗を活用して日光を反射させるという、
いま思うとどういう理屈なのか全然分からん大技、
「サン・マッスル」で影を消すという、あれ。

その後もセコンドのテリーマンのアドバイスから
戦局を打開するという展開は多々登場しますが、
これがもしかしたら、その最初だったのかも??

ああ、やっぱりこのブラックホール戦って
あれこれとバラエティに富んでて素晴らしいよ。


そんなわけで、
作中屈指の実力者ともいえるブラックホールは、
このキン肉マン戦でも、優等生とされる実力を
いかんなく発揮しまして、ついにはキン肉マンを
異次元に葬り去ることにまで成功、勝利寸前まで
たどり着きます。


が、

が、ですよ。ええ。


キン肉マンは「奇跡の逆転ファイター」ですから。


前述の「サン・マッスル」を遥かに上回る
理屈不明の大技「ホワイト・ホール」、

という名の、キン肉マンのただのオナラにより、
キン肉マンは四次元空間からの脱出に成功し、
見事逆転勝利を収めるのでした。


決まり手は「肉弾エルボードロップ」。


これもまたいいですよね。

分身だの、四次元だの、オナラで脱出だの、
ファンタジー満載の戦いの締めが「エルボー」。

いつも漫画ならではの「必殺技」で決まるという
わけじゃなく、現実世界のプロレスの技によって
勝敗が決することがあるってのも、この作品の
醍醐味のひとつかもしれん。


ステカセキング戦と比較するとなかなかシリアスな
バトルだったと思うし、ここから「正義×悪魔」の
本格的な戦いが始まったような気もします。

いい勝負だったなあ、ブラックホール戦。



さあ!!

次からは、アイドル超人軍団の出番でっせ。

みんなが大好きなキン肉マンの雛形的な世界が
いよいよ始まりますよ〜。


んじゃ、またお会いしましょう。

ではでは。


---

バックナンバーはこちらから。



---

 


このエントリーをはてなブックマークに追加        






キン肉マンの勝負を勝手に振り返ってみる(24)/キン肉マン×ブラックホール へのコメント一覧

  1. 1.
    • 嶋田
    • 2024年04月03日 22:44
    • 5
    ブラックホールは最終的にメチャクチャ強くなりますからねえ。
    ゆでたまご先生もお気に入りなのは間違いない。
  2. 2.
    • ・・・
    • 2024年04月04日 11:07
    こいついかにもモブっぽいデザインの癖に作中3勝2敗の成績。2敗は両方共主人公キン肉マンを相手にした時で3勝の内2勝は格上の完璧超人始祖編であげている超優遇キャラだからな。逆に言えば主人公以外には負けてない超強豪。優等生どころか悪魔超人内で超エリートのはずのアシュラマンなんて2勝2分4敗、2勝はいずれもタッグマッチという・・・
  3. 3.
    • ガチャ
    • 2024年04月04日 13:10
    顔面が無いのに何故か表情が浮かんで見えたり、シンプルな造形だからこそ作者にとって動かしやすいキャラなんですかね。
    個人的には、急にペンタゴンとタッグを組んだり、何なら合体したり、なんでもアリなキャラです。
  4. 4.
    • 靴詫ε霤靈
    • 2024年04月04日 14:45
    ブラックホールは当初悪魔超人編のラスボスだったものの、闘い方に様々なアイデアが浮かんだため早めに投入したと読んだことがあります。

    作者お気に入りなのは間違いないでしょう。
  5. 5.
    • ヤン
    • 2024年04月04日 20:24
    7人の悪魔超人の中でブラックホールが副将格だと思ったので、早い登場に驚きました。
    ブラックホールの吸引は最強だと思ったのですが、傷口が裂け目になってたり屁で脱出とかぶっちゃけ意味不明だし、ギャクマンガの力を少し借りての勝利でした。
  6. 6.
    • 編集者・K
    • 2024年04月08日 00:45
    >>1
    クッソ強いっすよ、ブラックホール。
    なんか技も色々増えてるし。
  7. 7.
    • 編集者・K
    • 2024年04月08日 00:46
    >>2
    おおお、なるほど…!!!
    もはや作中最強クラスの戦績…!!!

    悪魔超人の真のエリートは、このブラックホール!?
  8. 8.
    • 編集者・K
    • 2024年04月08日 00:46
    >>3
    いやあ、美しいデザインですよ。
    まさに「これぞ漫画キャラ」という。
    ペンタゴンとのアレコレはなかなかロマンありますよね。
  9. 9.
    • 編集者・K
    • 2024年04月08日 00:47
    >>4
    なるほど〜、
    確かに序盤の会話の目立ち方は副将格に見えますな。
  10. 10.
    • 編集者・K
    • 2024年04月08日 00:49
    >>5
    どう見てもバッファローマンに次いで目立ってましたからね。

    ギャグ要素が入っちゃうとお手上げかな。
    序盤のキン肉マンは「んなアホな」な展開に持ち込めば勝ちますから。




コメントする(このブログのコメントをRSSフィードで購読することができます)

キン肉マンの勝負を勝手に振り返ってみる(24)/キン肉マン×ブラックホール にコメントする
絵文字
K-twitter K-facebook
Twitterボタン [henshusya_k]
編集者・Kのtwitterアカウントです。皆様お気軽にフォローしてくださいませ。
facebookボタン [k.no.heya]
Kの部屋のFacebookページです。皆様お気軽に「いいね!」してくださいませ。
LINE読者登録
小説、始めました!
新たなチャレンジ、動いております!
是非ご覧ください!( 執筆の経緯はコチラ)


月別アーカイブ
カテゴリー
最新コメント
PROFILE
編集者・K / 編集者・K
雑誌・WEB編集の仕事をしているKと申します。「スポーツ」「TVゲーム」「少年漫画」「お笑い番組」「マカロニグラタン」をこよなく愛するオジサンです
  編集者・Kにメッセージ>>>>>Mail to K
  編集者・Kとtwitter>>>>>>>henshusya_k
  編集者・Kとfacebook>>>>>>Kの部屋
ACCESS
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

スポンサードリンク

トップに戻る