当ブログコンテンツの無断転用はご遠慮ください
このエントリーをはてなブックマークに追加        
  • 2024年04月26日18:25

スラムダンクの続きを勝手に考えてみる(266) リメイク版

※この記事はリメイク版です
リメイクの経緯はコチラ
元記事はコチラ


関東学生トーナメント決勝戦

4thクォーター 残り1分30秒

深体大 87
青学大 91


道谷《藤真のスリーで4点差!!!!》

塚本《いやあ、これは大きい!!!》


「うおおおおお!!! さすが藤真さん!!!」

「行ける!!! 行けるぞ!!」

藤真のガッツポーズ、総立ちの青学大ベンチ。



記者席の弥生。 

「まさに青葉のスタイルを体現するような
オフェンスだったわね」


森重のブロックが河田雅のシュートを防ぎ、
神のスティールから速攻、そして、藤真が
スリーポイントシュートを沈めた。


町田 「神がかったようなプレイだ…」

中村 「凄い…。なんか涙が出てきますよ…」



続く、深体大の攻撃。


観衆が藤真のスーパープレイで騒然となるなか、
王者を推す者は祈るように声を出す。


「牧ーーーー!!! なんとかしてくれ!!!!」

「負けるな、深体大!! 王者だろ!!!」



道谷、状況を整理する。

《残り1分半、4点差。深体大としては、
これは絶対に落とせない一本でしょう》

塚本の解説。

《おそらく、ここは牧君が行くしょう!!
ぜひともキャプテンの意地を見せてほしい!》



ダム、ダム、ダム…。


牧がドリブルでボールをキープ。


青学大のゾーンディフェンス、
前列左の藤真が目の前にいる。


藤真 (来い。俺が止めてやる)

牧 (止められるもんなら止めてみろ)



ダム、ダム……。



ゴクリ…。

観衆が息を呑む。
勝負の一本を見守る。





ダム!!!!


“最強のPG” 牧紳一の、最強の武器、

“最強のペネトレイト”。


「牧……!!!!!」

「行った……!!!!!!!!」


キュキュッ!!!!

藤真、懸命のディフェンス。
力を振り絞って牧につく。



抜かせない。



宮城 「おおお……!!!!」

深津 「…!!!」



「抜けない!!!!」

「牧が抜けない!!!!」



キュッ!!!!

そこに後列の神が出てくる。


ダブルチームが牧を襲う。



ダム!!!


牧、一度外に出る。

コーナー付近でそのままキープ。


「あああ……!!! 行けない!!!」

「一度外に逃げた!!!!」


青学大ベンチ、手を叩く。

「よーーーーーっし!!!!!!!!」

「ナイスディフェンス! ナイスディフェンス!」


道谷《ああああっと、中に入れません!》

塚本、感心の解説。

《いやあ、藤真君がよく踏ん張りました!!!!
神君も抜群のタイミングで出ましたよ!!》


牧、コーナーで外を向いてボールキープ。

背中で藤真と神を背負うような体制。

当然ながら、ラインから出れば青学大ボール。


「おおお!! 追い詰めてるぞ!!!」

「牧は八方塞がりだ!!!」


諸星が声を出した。

「牧!! こっちだ!!」

(牧に2人ついてる! これを抜ければチャンス!)



藤真 (諸星…!! 外か!!)



その時、



ダム!!!!



牧、一瞬の隙を突き、藤真と神の間を抜く。

諸星の声に守備陣が反応した、まさに一瞬の隙。


「なにいいィィ!!!!!!!???」

「あの位置から抜いたあああ!!!???」



ダム!!!


そして、エンドライン沿いを走り、
ゴール下に突っ込む。


「うわあああああああーーーーー!!!!!!」

「行ったあああーーーーーーー!!!」



藤真 「森重、ディフェンス!!!!」

(止めてくれ!!!!!!!!)



キュキュ!!!

森重が出た。

両手を挙げてゴールへの道を塞ぐ。



その瞬間、


牧、横へパス。



河田雅が受け取った。


ダン!!

河田が跳ぶ。



森重、この動きに反応。

即座に反転し、河田雅のシュートをチェック。


杉山 「なに……!!!??」

桜木 「……!!!」



藤真 「森重!!!!!!」

(止めろ!! ファウルでもいい!!!)



バッシイイ!!!

森重が伸ばした手が、河田雅の腕を叩いた。


藤真 (止めた…!!!)



が、


河田雅 (それが………!!!)

「どうしたあああーーーーーー!!!!!!!」



ドガアアアアア!!!!!!!




藤真 「………!!!」

森重 「……!!」



ワンハンドダンク炸裂。



『ピーーーーーーーーーーーーー!!!!!』

『ファウル!!! 青学大15番(森重)!!』



ダン……。

ボールが床で弾む。


レフェリーが二本指を振り下ろす。



『バスケットカウント・ワンスローーー!!!』



そして会場が爆発した。


「うわああああああーーーーーー!!!!!!」

「決まったあああーーーーーーーー!!!!!」

「河田がねじ込んだああーーーー!!!!!!」



河田雅、両コブシを握って吼える。

「うおおおおーーーーーーーーー!!!!!」


深体大ベンチ、応援団も同じく咆哮。

「いよーーーーしゃあああ!!!」



塚本《来ましたねえええ!!!!!!》

道谷《河田雅史のダンクが決まりました!!!》 

塚本《森重君のチェックをものともせず!!!》



騒然とする記者席。

中村 「最強のペネトレイトからパスが出た…」

弥生 「牧紳一…、やっぱり彼はPGね…」




レフェリーが河田雅にボールを渡す。

『ワンショット』



ダンダンダン…。

河田雅、三度ボールをついて、
ゆっくりと構える。


ビッ!!

ボールはきれいな放物線を描き、


ザシュ!!!!


3点プレイ完成。


残り時間 1分15秒

深体大 90
青学大 91



道谷《決まりました! これで1点差!!!!》

塚本《3点には3点で返しましたねええ!!!》


藤真のビッグプレイを帳消しにする
牧&河田雅のビッグプレイ。

その強さをまざまざと見せ付ける、王者の一発。


だが、青学大は前を向いて攻める。



陸川が声を出す。

「行け! 攻めろ!!!」



藤真 「行くぞっ!!!」



―― 攻めてこそ青葉

―― 深体大より点を獲れ



チームのプランのままに、森重が攻める。


ダム!!!!


ゴール下、208cmの体が河田雅を押し込む。


「森重!!!!」

「パワーで行った!!!!」



河田雅、踏ん張る。 

「うおお!!!」


必死の形相で、体を張る。



弥生 「あの河田雅史も執念で守ってる…」


野辺・松本 (河田!! 負けるな!!!)



深体大ベンチが叫ぶ。

「3秒!!! 3秒!!!」



(くそ…) 

森重、ボールを外に戻す。



道谷《森重、シュートに行けません!!!》

塚本《素晴らしいディフェンス!!!!》


「よーーっし!!! ナイスディフェンス!!」

「ナイス!! 河田さん!!!」



河田雅、大粒の汗をぬぐう。 

「ふぅ…、もう獲らせねえぞ」

怪物と呼ばれる男、森重も肩で息をしている。 

「……。」




ボールは藤真。

ショットクロックは、残り10秒。


赤木 「森重が攻めきれない。となると…」

三井 「外の選手が行くしかない」



だが、深体大の外の守備は鉄壁。


神にベッタリ貼りつくフレッシュな樋口。

家村は、10cm上回る大野がチェック。

身体能力が持ち味の天崎も、同レベルのスピードを
もつ諸星を振り切ることは簡単ではない。

そして、藤真には牧。



町田 「穴がない……」

弥生、腕組み。

「森重君を一人で守られたら、
この布陣に打つ手はない…?」



―― どうする!?




キュキュ!!


神が動いた。

牧にスクリーン。


「おっと、青葉が仕掛けた!!!」

「スクリーンからの攻撃か!!」


ダム!!

藤真、すかさずドリブル開始。



藤真 (穴がないなら……)


樋口 「スイッチ!!!!」



牧と樋口が入れ替わる。

藤真に樋口、神に牧。



杉山 「藤真に樋口!」

宮城 「横のミスマッチを作った!!!」



藤真 (開ければいい!!)


藤真と樋口の1on1。

神のスクリーンが生み出した平面のミスマッチ。



陸川 (神!!!)


突破口を創り出す。



ショットクロック、残り5秒。


陸川 「行けえ!!!」



ダム!!!!


藤真が樋口を抜いた。



「抜いたああああーーー!!!!!!」




そして、

ストップ・ジャンプショット。








バッシイイ!!!!!!





「……!!!!!!!!!!!」





背後からボールに手が伸びた。

藤真のシュートが叩き落とされる。




藤真 「……!!!!!!!」




「おおおおおーーーーーー!!!!!!!!」


「牧!!!!!!!!!!!」




牧紳一、執念のブロックショット。


王者の意地がここで炸裂した。




残り時間 56秒




続く



-


このエントリーをはてなブックマークに追加        






スラムダンクの続きを勝手に考えてみる(266) リメイク版 へのコメント一覧

まだコメントはありません。最初のコメントを書いてみませんか?

コメントする(このブログのコメントをRSSフィードで購読することができます)

スラムダンクの続きを勝手に考えてみる(266) リメイク版 にコメントする
絵文字
K-twitter K-facebook
Twitterボタン [henshusya_k]
編集者・Kのtwitterアカウントです。皆様お気軽にフォローしてくださいませ。
facebookボタン [k.no.heya]
Kの部屋のFacebookページです。皆様お気軽に「いいね!」してくださいませ。
LINE読者登録
小説、始めました!
新たなチャレンジ、動いております!
是非ご覧ください!( 執筆の経緯はコチラ)


月別アーカイブ
カテゴリー
最新コメント
PROFILE
編集者・K / 編集者・K
雑誌・WEB編集の仕事をしているKと申します。「スポーツ」「TVゲーム」「少年漫画」「お笑い番組」「マカロニグラタン」をこよなく愛するオジサンです
  編集者・Kにメッセージ>>>>>Mail to K
  編集者・Kとtwitter>>>>>>>henshusya_k
  編集者・Kとfacebook>>>>>>Kの部屋
ACCESS
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

スポンサードリンク

トップに戻る